投資は急がず、損しても痛くない少額の資金ではじめればいい

投資に対するスタンス

実はこの「ジロろぐ」のお問い合わせから大量の営業メールのなかに、ごくごくたまに投資に関する相談やインタビューの依頼を頂くことがあります。

一番びっくりしたのはこちらの日経新聞ですが、その相談のなかに過去の自分も経験した内容があったのでご紹介したいと思います。

相談内容

投資に少しずつでも回していきたい気もするけど、やっぱり損をしそうで怖いです。

ジロ
ジロ

あ~、なんか自分もそうだったなぁ~

いつからだろう?そういう感覚がなくなったのって。

投資の商品というのは価格変動を伴いますので、それによって利益も出るし、逆に損をすることもあるから二の足を踏んでしまう気持ちもわかります。

でも投資というものに、最初から「損をする」「危ない」という認識だけではちょっともったいないかなと思いました。

スポンサーリンク

お金は増やしたいけど投資は損をしそうで怖い

この数年で将来のお金に関することで一番インパクトがあったのが「2000万円問題」

あれだけ安心安全を謳っていた年金だけでは2000万円足りませんよというアナウンスで、その後証券口座の開設やつみたてNISAの開設が相次いだそうです。

お金は一朝一夕では増えない

誰しもお金はあって困るものではないので、増やしたいとは考えてると思いますが、ちょっと興味深いツイートがあったのでご紹介。

この明日金持ちになろうとする人が多すぎるというのは非常に共感できるところがあって、こういう考えが投資はギャンブルと勘違いする人が多いような気もします。

実はお金を増やすのは年数パーセントというのを繰り返す行為なので、大変時間がかかることなのです。

そもそも投資の商品はどれも変動するものなので損することもある

でもその投資期間中って言うのは必ず増減が発生するものです。

損するのに投資するなんてあほちゃうか?

ただ、その利益も損失も確定させるまでは、実際の損失にも利益にもなりません。

ジロ
ジロ

意外とこの「確定させるまでは」というのを勘違いしている人が多い気がします。

それだけに、利益が出るまで待てるだけのお金で投資を行うことは大事です。

スポンサーリンク

投資は急がず、損しても痛くない少額の資金ではじめればいい

私は投資を無理強いするつもりはありませんが、損をしそうだから怖いという理由であれば損しても痛くない少額の資金ではじめればいいと考えています。

支出や生活スタイルを見直して数百円を捻出してみる

私が個人的におすすめするのは、普段何気なくしている支出を見直すことで、資金を捻出してみるという方法。

タバコだったりコンビニコーヒー、習慣的に飲んでいるお酒や、つい買い過ぎてしまう100均の商品などは廃棄するものから気付くものもあります。

ジロ
ジロ

個人的には缶コーヒーとかコンビニコーヒーって好きじゃないから、コーヒーを外で買って飲むことはほとんどなくなった。

これらは投資のために辞めるというより、生活スタイルの見直しの一環としての一例ですが、こういう本来無かったお金を元に投資を始めれば、投資をするお金がないという事はないと思うんです。

家計の見直しで浪費以上に改善したい項目は?
家計簿をつける目的は何ですか?もちろんお金の出入りを管理するのが一番の目的ですけど、それだけになっていませんか?本来の目的は、生活がより豊かになるようなお金の支出にコントロールすることです。

クレジットカードを使ってポイント投資をしてみる

ここ数年、ポイントを使った投資ができる証券会社が増えました。

普段当たり前のように支払う光熱費などをクレジットカードを支払いポイントをもらう。

そしてそのポイントで投資をすれば、きっと損をしても痛くないはず。

ポイント投資ができる証券会社
  • SBI証券・・・Tポイント、Ponta、Vポイント
  • 楽天証券・・・楽天スーパーポイント
  • auカブコム証券・・・Ponta
  • SMBC日興証券・・・dポイント

ネット証券でドルコスト平均法の威力を感じてほしい

そういった積み重ねた少額で投資をしようと思った時や、ポイントを使った投資にはネット証券が必須。

100円から積み立て投資ができるネット証券はきっとスタートにはちょうどいいはずですけど、一番はドルコスト平均法でインデックスファンドを積み立てておくという成功体験をしてほしいところです。

ジロ
ジロ

東日本大震災以降半信半疑で積み立てていた投資信託がアベノミクスであれよあれよと含み益になって、自分が積み立てに関して確信を持てたのはあれだったかも。

でもそういう状態ってい作るんかね?

そんな大きな下落なんて来てほしくないのは本音ですけど、それがいつ来るかなんてわからないわけです。

でも出来ればそれまでに諦めのつく金額のうちにそういう損益の変動を体感して積み立てによる効果というものを実感してほしいとは思います。

初心者こそドルコスト平均法を使った定額積立を続けてほしい
ドルコスト平均法は投資を始めて間もない人や、まとまった投資資金がない人にとっては有効な投資手法になります。投資の仕方に悩む人は、ぜひドルコスト平均法での積立投資から始めてほしいと思います。
スポンサーリンク

投資が怖いと思ったら、まずは支出と向き合うことから

この世になくなってもいいお金なんてものはありませんし、損をするのは怖いという事は理解できます。

ジロ
ジロ

でも「車は事故をしそうで怖い」と言って運転しない人というのはごく少数でしょ。

かと言っていきなり路上で運転した人も、法的にはいないはずです。

何事も段階を追って知識と経験を積んで運転してるわけですから、「投資は損をしそうで怖い」と言い切ってしまうのではなく、支出と節約などからでもいいのでお金(支出)と向き合ってみるのはどうでしょうか。

冒頭紹介した日経新聞の掲載記事
ジロさんのインデックス投資、毎月分配型から回り道
ブログ「ジロろぐ」を運営する「ジロ」さんは、建設業に携わる今年47歳の男性会社員。広島県の持ち家(住宅ローン返済中)で、妻(パートタイマー)と子供3人とともに暮らす。ブログには金融商品選びの変遷に加え、子供の障害についてなど人生の機微に触れるありのままを書き込んでいる。配当金目当ての端株投資をする一方で、積み立て投資を~続きを読む~
運用利率の掛け算より、先に節約の足し算を意識する
節約は元本の評価損を受けることなく、お金を貯めることが出来ます。まずは節約の重要性と、さらに投資に回すことのメリットを知ることで、節約に対する意識も変わるんじゃないかと思います。
ブログ村に参加しています

読者登録していただけると嬉しいです

ジロろぐ - にほんブログ村

ブログランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
投資に対するスタンス
スポンサーリンク
フォローする

40代サラリーマン、3人の父親。
オンラインゲームに課金していたお金を、2008年ごろからFXに使い始めたことをきっかけに資産運用に目覚めたが、2015年にロスカットして投資手段を再度見直し。
すでに失敗することのできない年齢であることから、将来じぶん年金になりうる資産を築くために、株式やインデックス投資に転向。
投資資金は小遣いの中からなので端株制度を利用して資産運用してます。
詳しいプロフィール ≫ こちら

フォローする
ジロろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました