世界で半数のシェアをもつヘルメットメーカーSHOEIの業績と配当利回りは?

ヘルメットのSHOEのI業績と配当利回りは?銘柄選び
スポンサーリンク

SHOEIという会社をご存知でしょうか。

きっとバイク乗りなら知らない人はいないぐらい有名な会社で、お世話になってる人も多いのではないか?という会社ですよね。

そう、SHOEIはオートバイ用のプレミアムヘルメットで世界一のシェアを誇る会社なのです。

プレミアムヘルメットというのは、価格もさることながら、デザイン性、機能性、何より安全性能を追求した高品質のヘルメットのことを指します。

オートバイ業界においての日本企業は非常に優秀で、車体を作ってるホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ、ヘルメットではSHOEI、Araiは世界でシェアを分け合えるだけの実績と歴史がある会社なのです。

今回はバイク乗りの投資ブロガーとして、私も愛用しているヘルメットメーカーSHOEIについてまとめてみます

スポンサーリンク

SHOEI

ショーエイ1954年(昭和29年)ポリエステルの加工メーカーとして創業。

オートバイ用のヘルメットを生産を始めたのは1960年1月のこと。

2004年ジャスダックに上場、2007年9月東証2部、2015年には東証1部へ上場を果たし、現在では アメリカやフランス、ドイツ、イタリアに現地法人を設立しています。

ちなみに私が初めてSHOEIのヘルメットを手にしたのは1993年10月でしたが、ウィキペディアによると「1992年資金繰りの悪化により会社更生法の適用を申請し、三菱商事の支援により1998年更生手続を終了した」とあります。

こうして考えると、そういうさなかのヘルメットだったのですね。

現在ではオートバイ用のヘルメットを中心に、官公庁用(防衛省、警察庁)のヘルメットも製造販売しています。

世界のヘルメットで半分のシェアを持つSHOEI

SHOEIは世界のプレミアムヘルメット市場の50%以上のシェアを占め、多くのレーサーにも愛用されているヘルメットです。

国内シェアも、Araiを抜き首位になりましたが、売り上げの推移に対して4分の3近くを海外に頼る状態ですので、為替円相場の影響を受けることは間違いなさそうです。

二輪業界が国内では衰退の一途ですが、海外ではまだまだ人気のようで、SHOEI自体も国内より海外でのほうが売り上げの割合は高いのです。

SHOEIの海外での売上比率
SHOEIの海外売上高推移のグラフ 引用元公式サイトより

四季報データ

株式市場東証1部-7839
株価4,455
1株益196
PBR4.54
PER22.72
自己資本比率80.3
ROE20.0

PBRで4を超え、PERでも20を超えるというと、多分私がこのブログの中で紹介してきた銘柄の中で最も割高な会社であると思います。

ただ、私も想像する以上に自己資本比率が高く、有利子負債0で無借金経営という財務状況であることは、後々のためにも知っておいても損はないかなと思えるような状態です。

1株当たりの純資産は下の表のようになっています。

震災のあった2011年の翌年は下がってますけど、ほぼ右肩上がりに推移してますね。

SHOEIの1株当たり純資産

営業キャッシュフローマージン

SHOEIの営業CFマージン

SHOEIの配当利回りと株主優待

配当金と配当利回り

SHOEIの利益還元方針としては、連結配当性向は50%を目処とし、年1回期末配当にて支払われます。

その為中間配当金はありません。

2010年以降の1株利益の推移としては、震災の年および翌年を除き、順調に右肩上がりになっているようです。

SHOEIの1株利益の推移

2019年9月期の配当としては98円の予定で、7期連続増配を実現させています。

ただ、配当利回りとしては、割高の株価が影響して、2.2%となります。

ジロ
ジロ

配当金目当てで投資をするには少々寂しいかな

配当金でヘルメットが買える

私もSHOEIのシステムヘルメットという、構造的にも値段の高いヘルメットを利用していますが、ヘルメットの寿命は4~5年ほどで買い替えたほうがベターといわれています。

使用頻度などにもよりますし、実際にそこまでの頻度である必要はないそうなのですが、仮に1株当たり98円の配当を単元株で、しかも数年受け取ることができれば、数年に1度のペースでは配当金だけでヘルメットを買い替えることが可能です。

SHOEIのヘルメットを愛用しているライダーで、株式投資からの収益を趣味に充てたいという人には、いいかも(?)しれません。

SHOEIの株主優待

SHOEIには株主優待が設定されていません。

せめて、自社ヘルメットの購入の際に割引されるような優待があると、バイク乗りの私としてはめゃくちゃ嬉しいのですが・・・

まとめ

現時点ではあまり買いたいと思えるような株価ではありませんが、無借金経営であることや、一度は会社更生法を使うまでに至った企業が再起していることを考えると、後々株価が下がった時に狙ってみるのは面白い会社かもしれませんね。

現状は・・・端株でも買いたいとは思えないかな・・・

投資に関するおすすめのまとめサイト

投資やお金に関する情報に限定されたブログ記事が集まっています。多くの有名ブロガーも掲載されており必見です。

スポンサーリンク

40代サラリーマン、3人の子持ちです。少ない小遣いの中で端株制度を利用して資産運用してます。
詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせ

フォローする
銘柄選び
スポンサーリンク
フォローする
Jiroの端株投資奮闘記

コメント

タイトルとURLをコピーしました