SSDを搭載した格安レンタルサーバーの「リトルサーバー」

リトルサーバーがSSDになる ブログについて

ことあるごとにリトルサーバーのご紹介をしてきましたリトルサーバーですが、このたびリトルサーバーが一新されます。

事の始まりは、アドセンスに知らないサイトが表示されたことで問い合わせた時に知ったのですが、リトルサーバーのHPにも掲載されたからいいかなと思い記事にしてみます。

なんと、この価格帯でSSDが搭載されるのです。

※2018年6月25日SSD化が完了しました

ワードプレスを立ち上げようとする人には、外せない選択肢となったリトルサーバーです。

スポンサーリンク

リトルサーバーが一部のプランでSSD化

リトルサーバーの料金プラン

リトルサーバーは4つのプランがあります。

ミニプランリトルプランビッグプランへビープラン
初期費用920円920円920円4980円
月額料金150円250円430円3980円
データ容量20G60G120G500G

そのうち私はリトルプランにてこのワードプレスを運用しています。

≫ リトルサーバーで独自ドメインのWordPressを運営してます

この中で個人向けのプランで有力なのが、ミニプランもしくはリトルプランということになるかと思います。

ただ、リトルサーバー側も「ミニプランにプラス100円で機能が大幅にアップされている」というだけあって、コスパとしては十分見合ったものと感じています。

リトルプランがSSD化

リトルサーバーがSSDになる

さて、このたびリトルプラン以上のプランで、ストレージがSSDが採用されます。

【変更点】
ミニプランを分離し、リトルプラン用の新サーバーを投入します。
リトルプラン・ビッグプラン用サーバーを交換し、SSD採用となります。

引用:リトルサーバーメンテナンス情報

もともとビッグプランは収容上限を定めた別のサーバーだったわけですけど、今回リトルプラン用のサーバーが出来るという事です。

この文面から見るに、ミニプランとリトルプランは同じサーバー内だったけど、ミニプランとの別のサーバーになるという事で、リトルプランユーザーの収容数が減ることが予想され、より快適に利用できる様な気がします。

SSDを搭載してミニプランとリトルプランの差が明確に

さらに、それに伴い今回のSSD採用ということで、ミニプランとの差別化がより明確になりそうですね。

正直この差で100円なら安いと思いませんか?

SSD化されるのは5月上旬から中旬にかけて行われるそうですが、この時の出来事もこれらの準備によるものだったそうです。

≫ アドセンス狩り?知らないサイトに自分の広告が突然表示された意外な理由

リトルサーバーの評判

ネットで検索してもリトルサーバーの悪い評判は見かけないです。

私自身も、使っていて何不自由ないですし、24時間体制でサポートされるので問い合わせしてもいいレスポンスで返してくれるので気にいってます。

ワードプレスの初心者にはおすすめのレンタルサーバー

恐らく膨大なアクセスを集めるようなブログに育った時には物足りないと思うようなことがあるのではないかと思いますけど、初心者には安価に始めることができますし、とてもおすすめです。

こちらの記事ではワードプレスのおすすめポイントを紹介してますので、ぜひあわせてご覧ください。

リトルサーバーで独自ドメインのWordPressを運営してます
格安レンタルサーバーのリトルサーバーでワードプレスをはじめて1年以上経過しました。ワードプレスにしたいけどコストが掛かるからなぁって思ってる人にゼヒおすすめします。

まとめ

レンタルサーバーの中では格安のリトルサーバーですが、バックアップも無料でとってくれたり、万一の時にはそれを無償提供してくれたりと、値段の割にかなりいいレンタルサーバーです。

安く、そして快適にブログ運営するのには外せないレンタルサーバーです。

 

▽レンタルサーバーで気になるのは価格だけではありませんよね?こちらの記事では価格以外についても詳しくご紹介しています。

リトルサーバーで独自ドメインのWordPressを運営してます
格安レンタルサーバーのリトルサーバーでワードプレスをはじめて1年以上経過しました。ワードプレスにしたいけどコストが掛かるからなぁって思ってる人にゼヒおすすめします。

コメント