SSDを搭載した格安レンタルサーバーの「リトルサーバー」

リトルサーバーがSSDになるレンタルサーバー
スポンサーリンク

ワードプレスでブログを運営するにあたって、どうしても必要なものの一つがレンタルサーバーです。

最近ではサイトの表示速度もGoogleの検索結果に反映されるといわれるようになり、安ければいいというものでもなくなりました。

レンタルサーバーもHDDを使ってるサーバーと比較すればSSDを使ってるレンタルサーバーのほうが表示速度にも有利でしょ・・・

こちらのアンケートをご覧ください。

アンケート総数にして39票ではありますが、ワードプレスを利用されてい方には評判のエックスサーバーです。
このエックスサーバーの特徴としてもやはりSSDを搭載してるんですね。

ジロ
ジロ

ところが私も愛用していて、現にこのブログを運営しているレンタルサーバー「リトルサーバー」もSSDを搭載しているのです。

ご紹介をしてきました私の利用しているリトルサーバーですが、このたびそのリトルサーバーが一新されました。

こちらはリトルサーバーの最新の料金プランを表にしたものです。(1年契約時の価格ですべて税抜き)

 ミニプランワードプランリトルプランビッグプラン
初期費用920円920円920円920円
月額料金150円~195円~250円~430円~
データ容量20G30G60G120G

この中で個人向けのプランで有力なのが、ミニプランやワードプラン、リトルプランということになるかと思いますが、なんとこの価格帯でSSDが搭載されているのです。

ワードプレスをはじめてみたいけど、費用がなぁ

SSDのレンタルサーバーで安いところないかなぁ

こんなお悩みをもつ方におすすめです。

私はリトルプランにてこのワードプレスを運用していますが、リトルサーバー自ら「ミニプランにプラス100円で機能が大幅にアップされている」というだけあって、コスパとしては十分見合ったものと感じています。

ワードプレスを立ち上げようとする人には、外せない選択肢となったリトルサーバーです。

≫ リトルサーバーで独自ドメインのWordPressを運営してます

スポンサーリンク

リトルプランがSSD化

リトルプランがSSD化になる

リトルプランのSSD化は、2018年6月25日SSDに完了しました。

この時の大きな変更点はいかのようになっています。

  • リトルプランとミニプランのサーバーを分離
  • リトルプランをSSD化

もともと利用料金が一番高いビッグプランはユーザーの収容上限を定めたプランで、リトルプランやミニプランとは別のサーバーでした。

これまではミニプランとリトルプランは同じサーバー内だったのですけど、ミニプランとリトルプランが別のサーバーになるという事で、リトルプランユーザーが、より快適に利用できるようになるということです

SSDを搭載してミニプランとリトルプランの差が明確に

さらに、それに伴い今回のSSD採用ということで、ミニプランとの差別化がより明確になったわけです。



スポンサーリンク

リトルサーバーのミニプランもSSDに

リトルサーバーが格安プランもSSD化

2018年12月12日からは、ミニプランでもストレージがSSD化され、それに伴い料金プランも変更されました。

ミニプランが値上げ

契約期間旧料金新料金
6か月160円180円(20円の値上げ)
12か月150円150円(据え置き)

2019年1月以降の契約者、および契約更新者が対象になります。

1割以上も値上げされると感じるか、たった20円と感じるか・・・。
12か月プランが据え置きな事を考えると、健全な運営をしていただくために必要なコストと考えたいところですね。

また、それに伴い、リトルプランやビッグプランなどで設定されていた3か月プランが2018年を持って廃止されます。

※現在すでに契約中の方は変更はありません。

既存の契約者は当面希望制

現在の契約者は今のサーバーに残されます。

この理由についてメールで問い合わせてみました。

お客様によってはサーバー間移動の煩雑さ、全く快適性を求めないなどの理由により、移動を希望しない方もおられるようですので、希望者様のみサーバー間移動を
行う目的で告知するに至りました。

なので、すでにミニプランを契約している利用者でSSD化されたサーバーを利用したいと思われる方は、「ミニプランのサーバー移行申請」と添えて、サポートへの申請が必要となります。

現在ミニプランをご契約中の、全てのお客様につきましては、当面の間はご希望者様のみ新サーバーへの移動を行いますので、移動ご希望の場合は『ミニプランのサーバー移動申請』と添えてサポートまで申請をお願いいたします。

リトルサーバー:リニューアルのお知らせ

こちらはログイン後、お問い合わせページから可能です。

12月12日移行は必然的にSSD化された新サーバーで利用が開始できます。

サーバー移動できない契約者

ただし、kxx.lsv.jpなど、kで始まる収容サーバーのお客様、IPアドレス分散目的で他プランとの併用ご契約中のお客様の移動はできませんので、どうぞご了承ください。

リトルサーバー:リニューアルのお知らせ

ジロ
ジロ

IPアドレス分散の目的で…?ってどんな利用者何だろう…

スポンサーリンク

SSDを搭載した新プランの登場

ヘビープランを廃止し、ワードプランを新設

月4000円と言うプランがあったのですが、それが廃止されてワードプレスに最適なワードプランというのが設定されました。

6カ月契約で、月235円、12か月契約で月195円という、リトルプランとミニプランの間の価格帯で新設される予定です。

スポンサーリンク

リトルサーバーの無料お試し期間が延長

現在、契約までの10日間は無料お試し期間として利用できましたが、12月より20日に延長されています。

■ 現在の無料お試し期間を10日間から20日間に延長いたします。

12月1日より、以前より多くのご要望がありました無料お試し期間を20日に延長いたします。

リトルサーバー:リニューアルのお知らせ

10日だと、ワードプレスを立ち上げて色々やってるとすぐに経過してしまいますけど、20日あると格安でも快適に利用できることが実感していただいて、本契約していただけるのではないかとおもいます。

なので、一層利用しやすくなったのではないかと思います。

ただし、お試し期間中は独自SSLにできなかったり、転送量が10Gに制限されたりします。

本契約してからSSLしてくださいね。

スポンサーリンク

ワードプレスの初心者にはおすすめのレンタルサーバー

恐らく膨大なアクセスを集めるようなブログに育った時には物足りないと思うようなことがあるのではないかと思いますけど、初心者には安価に始めることができますし、とてもおすすめです。

こちらの記事ではワードプレスのおすすめポイントを紹介してますので、ぜひあわせてご覧ください。

ワードプレスでブログ運営するならリトルサーバーがおすすめ

ワードプレスに必須のレンタルサーバーを比較するならリトルサーバーは外せません。
私自身も度重なる手厚いサポートを受け、なおかつ低コスト、無料バックアップなど、大手とも引けを取らないサービスを展開しています。

スポンサーリンク

まとめ

レンタルサーバーの中では格安のリトルサーバーですが、バックアップも無料でとってくれたり、万一の時にはそれを無償提供してくれたりと、リトルサーバーさんには色々お世話になって、サポートにも大変満足しています。

安く、そして快適にブログ運営するのには外せないレンタルサーバーですので、ワードプレスの立ち上げに際してレンタルサーバーにお悩みでしたら、ぜひリトルサーバーも候補に入れてみてください。

▽レンタルサーバーで気になるのは価格だけではありませんよね?こちらの記事では価格以外についても詳しくご紹介しています。

おすすめのレンタルサーバー

【体験談】リトルサーバーがワードプレスにおすすめできる理由

リトルサーバーでワードプレスを運用してわかったこと
リトルサーバーならワードプレスをドメイン代を含めても月額233円から始められます。私もすでに2年以上経過しましたが、ワードプレスにしたいけどコストが掛かるからなぁって思ってる人にゼヒおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました