端株から単元株化してもらったヤマダ電機の優待

単元未満株

3月9月の優待銘柄でもありますヤマダ電機。

端株で買い始めたですけど、無事単元株化し優待をいただきましたので記事にしてみたいと思います。

ヤマダ電機

家電量販で有名なヤマダ電機。

記事を書くに当たってSBI証券の四季報を見てましたら、EVのベンチャー企業と資本提携を済ませ20年をめどにEV車を投入しようとしてるみたいですね。

このブログでもお世話になってるkinkoさんがやはり電気自動車に関する記事を書かれていました。≫トヨタ自動車、2030年までに全車種電気自動車か?

でも、そうなると困ってしまうんです、私。

私はガソリンの燃える匂いとか、エンジンの振動、排気音とかが好きなんです・・・。

と時代に逆行したような話ではありますが、やはり電気に変わっていくのでしょうねぇ。

購入したきっかけ

以前見ていたブログで、ヤマダ電機の優待でクリスマスプレゼントを買ったとか、家電を買った、生活消耗品を買ったなどという記事を見て、使い勝手が良さそうと思い優待銘柄として買いました。

端株ゆえのナンピン買い

ヤマダ電機は一時期不採算店舗を閉店するなど、経営状況についてあまりいい雰囲気でなかったので、とりあえず打診買いをしました。

5/2340568
5/3120588
6/1640564
買付単価574

ただ思ったり下がりにくく、手数料がもったいないくらいの頻度で最後は「えい、やぁ」で単元株化しました。

手数料を含めた買付単価は574円と、残念ながら最初に買った568円より高くなってしまいました。


9月21日に先月単元株化したとツイートしてますけど、6月に単元株化してますね。

勘違いしてました。

四季報データ

 

株価614
1株益55.8
PBR0.86
PER13.04
自己資本比率50.1
ROE-10.9

2017/12月

今後の展開~ZEH住宅とヤマダ電機~

ヤマダ電機を買おうとしたきっかけは、住宅メーカーのエスバイエルの買収です。

今、国が推進しているZEH住宅というものを見越したとき、きっとプラスに作用するんじゃないかなと思ったからです。

じゃあなぜヤマダエスバイエル(1919)ではなくヤマダ電機なのか?というのは答えは明確で単純です。

優待が欲しいから。

 

ヤマダ電機の優待

優待利回り

9月の優待として1000円で1枚使える500円の優待券が4枚もらえます。

また3月には2枚もらえる見込みですし、長期保有で徐々に増えていく予定ですので楽しみにしています。

とりあえず1年目としましては3000円分もらえますから、4.9%という優待利回りとなります。

優待の行方

実は先日もらった上新電機の優待とかぶってしまいまして、どちらでどうするか決めかねていますが、炊飯器になるのかクリスマスプレゼント用に消費されるのか。

どちらにしても私の手元で消費されることはなさそうです。

・・・私の小遣いで買った株なのに(泣)

 

 

優待券はいつ届く?

今後私の備忘録としても書いておきたいと思います。

12月の中旬になって郵送されてきます。

結構遅かったんで、端株で買ったから優待なし?って若干不安になりました。

 

ヤマダ電機の配当

配当利回り

18年の3月に18円の配当が予定されています。

株価610円で考えますと2.95%と、優待がありながらこの配当利回りはなかなかだと思います。

配当の行方

優待と違って配当は私の口座に入ってきますから、こちらは私の今後の端株投資資金に充てたいと思います。

 

まとめ

端株+端株=単元株というのは知っていたのですけど、実は優待が来なかったらどうしようと心配していました。

今回の優待が手元に届いた事で端株でスタートしても優待がもらえる事が確信できましたから、今後も気になる優待銘柄も狙ってみたいと思います。

▽同じく端株から単元株化しためいがらです

単元未満株(端株)で集めたKDDIを単元株化、一方で反省点も
携帯電話の脱キャリアを果たした時に宣言していたKDDI株の単元株化。ナンピン前提ではあったものの、その買付単価を見ていると反省点も見えてきました。

▽端株投資はナンピンしながら買い下がればいいと思います

端株投資はナンピンを前提にしています
たいそうな事ではありませんが、特にネタもないので私の端株投資について触れてみたいと思います。 そもそも端株とは単元未満株のことでして、読んで字のごとく単元株に満たない株のことです。 日本の株式の多くは2018年10月1日からに1...

▽2017年下半期にもらった配当金をまとめてます

端株だって株主ですから配当金はもらえるんです
2017年も終わりに近づきましたので、下半期で受け取った配当金をまとめてみました。端株でも単元株主同様の配当金が受け取れるので、少額からでも投資することが出来ます。

コメント