銀行の時間外手数料を支払うくらいならと言って消費者金融でキャッシングしてきた人の話

Jiroと愉快な仲間達
スポンサーリンク

低金利のこのご時世、どんなに貯金をしていても利息なんて言うものはスズメの涙です。

100万円を定期預金して、1年でもらえる利息っていくらかご存じですか?

答えは100円。正確に言うと税引き後で80円なのです。

100万円の定期預金の利息
100万円の定期預金の利息から税金が引かれて80円

にもかかわらず銀行の時間外手数料は108円、他行カードだったりすると216円とかって取られるわけです。

おそらくお金について敏感な人ならネット銀行を使ったりして、少しでもそういった手数料を支払わないように意識はしてると思いますけど、実はそういったことを何も考えない人間もこの世の中にはいるのです。

ジロ
ジロ

まあ、誰とは言いませんが。

関連我が家の夫婦間のお金の価値観の違いは結構深刻

そこで、ふと思い出しました。

ちょうど2000年だったと思います。

その当時付き合ってた元カノと、ゴールデンウィークに九州へ遊びに行ったのですが、お互い手持ちのお金が足らなくなってしまいました。

あの当時は車にナビが付いてる車も少なかったですし、ましてスマホもない知らない街で自分たちの持っている銀行のキャッシュカードが使える銀行を探すというのはなかなか至難の業でした。

今ならセブン銀行を使ってお金をおろすということもできますけど、あのセブン銀行の前身となるアイワイバンクが開業したのは2001年4月のことでしたから、今とは全く違うご時世だったのです。

そんな時、

あ、そこで止めて・・・

といって向かった先は・・・?

当時「地球寄ってく?」「ららら、むじんくん」といったフレーズで人気だった消費者金融AC〇Mでした。

あの当時は街のいたる所に、無人貸付機のようなプレハブが建ってましたので、今以上に簡単に借りられるという環境があったように思います。

帰ったらすぐ返せば手数料払うより安いし。はるばるここまで来てお金がないからって何もしないんだったら機会の損失じゃんw

ジロ
ジロ

・・・

確かにそうなのですが、当時の私には消費者金融でお金を借りるという発想がなかったので驚きました。

スポンサーリンク

銀行の時間外手数料より安い消費者金融の利息

当時、元カノがいくら借りてきたのかは覚えていませんが、ゴールデンウィークを使っての2泊3日の旅行でしたし、おそらく2~3万円くらいだったように記憶しています。

果たして本当に銀行の手数料より安かったのでしょうか?

3万円を5日間借りた場合

現在アコムで借り入れをした場合、99万円までは7.7%~18%となっています。

その金利で仮に5日間借りたのち、一括返済をした時に支払う必要のある利息はいくらだったのでしょうか。

利息は、借り入れした金額×金利×期間で求めることができます。

ちなみに金利は1年の年利ですから、1日分の利息は365日で割った額となり、18%÷365となります。

なので仮に5日間となるとこういう式になります。

3万円×18%÷365×5=74円

当時は利息制限法と出資法の金利差、今でいうグレーゾーンでの借り入れだったかもしれませんから、もう少し利息は高かったかもしれません。

他の手数料はなかったのかな?

まあ、これは疑問という点でいいのですけど、融資を受ける際に手数料とか必要なかったんかな?という気はしています。

初めての融資だったらなおさら。

まあ、あの時はお金を手にする手段がなかったので、結果的には手数料がいくら掛かろうと問題ではなかったわけですが。

銀行の時間外手数料はいくらだったのか?

一般的に提携をしていない銀行で、さらにゴールデンウィークのような休日である場合、現在の税率でいうと216円の手数料がかかります。

下手すると旅先で地方銀行のカードが使えないといったこともありましたし、便利になりましたね。

ジロ
ジロ

その点ゆうちょ銀行は優秀だったな

子供の銀行口座を作るのに悩んだ時にゆうちょ銀行がおすすめの5つの理由
お年玉やお祝いで頂いたお金の管理するのに、子供名義の口座を作りたいと思ったとき、ゆうちょ銀行がおすすめの5つの理由。お金の教育もここから始まっていきます。

借り入れ条件次第では利息が無料のことも

アコムでは以下の条件がそろった人には、30日間金利0円というサービスがあります。

  • アコムでの契約が初めての人
  • 返済日35日ごとで契約した人

また、新生銀行グループのNOLOANでは、なんどでも1週間無利息キャッシングというサービスもあります。

それだけではなくアイフルなどでも、条件付きで利息が掛かることなく利用できる消費者金融があります。

スポンサーリンク

利息が0円とは言え、消費者金融はあくまで借金

そっか!時間外手数料より安いんだったら、銀行でおろすより消費者金融で借りればいいんだ!!

と思った人は要注意。

消費者金融はあくまで借金であり、あなたのお金ではありません。

一定期間利息0というものを頼りに、定期的にお金を借りにくるような人を狙っているのです。

あの悪名高きリボ払いですら、上手に利用してポイントを稼いでいる人がいる反面、返済が一定金額だからという理由で、泥沼にはまっている人も多いことです。

クレジットカードのリボ払いはうまく使うなら得だけど、そうでなければヤバい
リボ払いは支払いが一定というメリットの裏に、とてつもないからくりが潜んでいます。リボ払いはクレジットカード会社より優位に立ってうまく利用したいものです。
ジロ
ジロ

借りた金は返さねばならん!

「利用される側ではなく、利用する側にいるべき」そのことだけは忘れてはいけません。

スポンサーリンク

銀行の時間外手数料はクレジットカードとネットバンクで解決

あれから20年近い歳月が経ちましたが、現在ではクレジットカードが当たり前にどこでも使えますし、ネットバンクの口座を保有していればコンビニで手数料無料でおろすことができます。

今私が、自分の小遣いで買い物をするときに使用しているクレジットカードは楽天カードです。

100円で1円分のポイントが付きますし、そのポイントで投資をすることもできるので大変便利です。

また、ネットバンクに関しては 住信SBIネット銀行 を愛用しています。

住信SBIネット銀行から毎月決まった日に他行に振り込む「定額自動振込サービス」は一度設定しておくだけで、ほかの引き落としのある口座へ資金を移動することができます。

関連住信SBIネット銀行の定額自動振込サービスが便利

また自動入金サービスでは、給与を受け取った口座から住信SBIネット銀行へ手数料無料で資金移動することができます。

こちらは月2回のいずれかの日にちになるのがネックですが、やはりこれも重宝しています。

関連定額自動入金サービスを使えば無料で住信SBIネット銀行へ資金移動

▽もちろん気になるセキュリティも万全の住信SBIネット銀行。ぜひこちらの記事を参考にしてみてください

ATM手数料無料は当たり前!住信SBIネット銀行はセキュリティも万全でおすすめ
私のネットバンク歴はイーバンクに始まり、新生銀行、ソニー銀行と使ってきて、SBI銀行が一番長いです。ネットの金融関係はセキュリティ面の心配もありますけど、その中でもSBI銀行のスマート認証は安心して利用しています
スポンサーリンク

まとめ

あの当時と今は全く違いますが、これだけクレジットカードや電子マネー、QR決済などが普及した現代においても、やはり現金でしか支払いができないお店やサービスもやはり存在しています。

少なくともネットバンクの一つでも持っておいて、不要不急の出費に備えたいものです。

コンビニATM手数料や振込手数料無料になります

住信SBIネット銀行の定額自動振込サービスが便利
何かと便利なネット銀行。中でも住信SBIネット銀行の自動振込は無料回数こそ消費しますが、忘れっぽい人には最高のサービスです。ぜひネットバンク選びの参考にしてください。
定額自動入金サービスを使えば無料で住信SBIネット銀行へ資金移動
住信SBIネット銀行の定額自動入金のサービスは、手数料無料で他行の自分の口座から振り込みが出来るので、銀行に並ぶ手間も省けますし、30円分のポイントも貯まります。自動入金の期日をベースに生活スタイルが出来ればなおいいかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました