リトルサーバーへads.txtを追加する方法

リトルサーバーへads.txtを追加する レンタルサーバー

ここんとこツイッターを見ていると、アドセンスから「ads.txtを追加しなさい」といったメールが届いたという人のツイートを見かけました。

私も以前フォロワーさんから「ads.txt追加しないで大丈夫?」って指摘されて調べて追加してました。

リトルサーバーは、はてなブログのプロを使用するよりも安くワードプレスが利用できるというメリットがある半面、ネット上に情報量が少ないというデメリットがあります。

なので、リトルサーバーを愛用している1人としてads.txtをサーバーに追加する方法をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

リトルサーバーにads.txtを追加する方法

リトルサーバーに追加するads.txtを作成する

ads.txtがどういったものかというのは既にこのページに辿りついた方はご存じの方が多いと思いますので割愛します。

google.com,pub-「自分のアドセンスID」,DIRECT,f08c47fec0942fa0

メモ帳に上記のコードをコピーして「ads.txt」というファイル名で保存します。

「.txt」は拡張子のため表示されてないかもしれません。

リトルサーバーにアップロードする

ここからが本番ですね。

データが大きいものでしたら別のソフト(リトルサーバーへFTPソフトFileZillaで接続させてみる)を使った方が良いのですが、ads.txt自体はファイルが小さいので リトルサーバー のサイトからアップデートしたので問題ありません。

まずリトルサーバーにログインします。

上部のメニューバーから「WEBマネージャ」をクリックします。

リトルサーバーのログイン画面
リトルサーバーにログインし、上部にあるWEBマネージャをクリックする

すると下の様な画面になりますので「接続」します。

リトルサーバーに接続する
ログイン後のリトルサーバーからWEBマネージャで接続する

下記の様な画面がでますので、「追加したいドメインのフォルダを選択」します。

リトルサーバーにあるドメインを選択する
ads.txtファイルをアップロードするドメインを選択する

いよいよアップロードです。

上部からアップロードを選択します。

リトルサーバーにads.txtをアップロードする
ドメイン直下にads.txtをアップロードする

ここで、事前につくったads.txtを選択してアップロードします。

リトルサーバーへアップロードする
ads.txtファイルを選択してリトルサーバーへアップロードする
ジロ
ジロ

以上!!簡単すぎましたか?

これで リトルサーバー にads.txtを追加することが出来ました。

スポンサーリンク

まとめ

難しそうに感じますけど、時間にして10分くらいあればアップロードまで完了できますので、お悩みの方は早めに追加しときましょうね。

まずは20日間の無料おためし
【体験談】リトルサーバーがワードプレスにおすすめできる理由
リトルサーバーならワードプレスを月額233円から始められます。私もリトルサーバーでワードプレスをはじめて1年以上経過しました。ワードプレスにしたいけどコストが掛かるからなぁって思ってる人にゼヒおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました