一部日本の株式を手放してeMAXIS NASDAQ100に鞍替え

日本株からNASDAQ100の米株へ米国株・ETF

今回は少し株とは別の方向性の話を。

詳細は少し隠すんですけど、先日こんなことがありました。

私の実家の母も含めて兄や姉も米株を保有中。

その中で個別株として持ってないのは私だけ。

ジロ
ジロ

ETFは持ってますよ。

で、この日お誘いを受けたのはNVIDIAなどの半導体や、Google、アップルといった銘柄。

わたしのお客さんも、みんな米株に流れちゃいました。

その理由はやはり一応に日本株より期待値が高いという理由の様。

確かにリスク(値幅)ということを考えた時に、日本株はどうしてもマイナスリスクの方が大きいと感じてる人も多いのではないでしょうか。

もう一つはこれ。

一時は絶好調だったモノタロウがどんなに好決算を出してきても売られる始末。

とにかく日本株が買われてない感じです。

この一言には少し私も考えました。

スポンサーリンク

日本株を売って米株(NASDAQ100)を買ってみる

さて、考えたというのは、すでに保有しているけどなかなか上がらないなといった銘柄を手放して米株を買うという方法。

逆に上がってる銘柄あるの?

ジロ
ジロ

うっ、それを言われると・・・

とりあえず今回手放した銘柄は日本駐車場開発(2353)。

ジロ
ジロ

たしか雪不足でスキー場の運営が芳しくないとかで低迷してた気がします。

2020年1月14日に147円で200株購入し、150円台をウロウロして手放したのが1年8ヶ月後の2021年9月2日169.2円。

購入売却年利
日本駐車場開発29,400円33,840円9.1%

年9%を超えるようなものは期待できないかもしれないですけど、逆に言えばこの銘柄もこれ以上はあまり期待できそうにない気がしたので手放しました。

ただ、そうかといって証券会社の人が教えてくれたようなGoogleやAppleといった銘柄を買うほど資金力がない私が選ぼうとしたのがこちらのツイート。

なんか思い付きでツイートした割に、いっぱい「いいね」をもらってびっくりしました。

すでに米株ではS&P500への投資信託はわずかに保有しているものの、もう少しおすすめされた米株への割合を増やしてみようかという作戦。

SP500とNASDAQ100との比較

じゃあどれくらい割合が増やせるかというと、組み入れ比率上位10位はこんな感じ。

SP500比率NASDAQ100比率
Apple5.9%Apple11.0%
Microsoft5.6%Microsoft9.8%
Amazon4.0%Amazon8.2%
Facebook2.2%Alphabet C4.0%
Alphabet A2.1%Facebook3.9%
Alphabet C2.0%Alphabet A3.7%
Berkshire1.4%Tesla3.7%
Tesla1.4%NVIDIA3.4%
NVIDIA1.3%Paypal2.3%
JPmorgan1.2%Adobe2.1%

圧倒的に特定の銘柄に対する組み入れ比率が上がっていることがわかります。

ジロ
ジロ

でも信託報酬は0.44%と割高。

この辺りを加味して、S&P500で行くのかどうかは個人の自由なんでしょうけど、とりあえず・・・

やっぱり元手を増やそうと思うとですね、米株をおすすめしたいです。

ここまで言われるとやはり積極的に行ってみようかと。

ナスダック100とS&P500を比較した時にどちらが伸びるのかな?
S&P500(VOO)なのかNASDAQ100(QQQ)はどちらが有利なのかということは多くのブログでもいろんな比較や考察をされていますが、私が選んだ理由は特定銘柄に投資をするためなのでeMAXIS NASDAQ100インデックスを選びました。
スポンサーリンク

一部日本の株式を手放してeMAXIS NASDAQ100に鞍替え

とりあえずこの先どんな結果になるかわかりませんけど、配当目的でもなく持っていた銘柄を一つ手放し、そのお金を全部eMAXIS NASDAQ100に乗換えしてみました。

この先テーパリングといったうわさもあるのでそれについても聞いてみました。

私がこの業界は行ってからもなんだかんだ経済危機が起きて緩和緩和してきましたし、今はアフガニスタン情勢のこともあります。

なので、ないとは言えないけど、あっても限定的なんじゃないかと考えます。

つまりこんな感じ。

お金持ち(アップルなどの米国株式割合の高い企業)が厳しいと言えば、国は緩和してお金をじゃぶじゃぶ供給しないといけなくなるんじゃないですかね?結果お金持ちの企業はさらにお金持ちに・・・という構図をイメージしているみたいです。

まあどうなるかわかりませんけど、上がらないなぁという銘柄を保有している人なんかは一つの選択肢になるかもしれませんね。

アメリカ個別株ならPayPay証券がおすすめです
米国株へ定額で端株投資ができるワンタップバイがPayPay証券に
米株に「1000円から」「定額で」投資ができるPayPay証券(旧ワンタップバイ)。ちょっと割高の手数料にはなるものの、デメリットというほどのコストでもないのでおすすめ。
以前は楽天バンガードで米国株式を保有してました
つもり貯金で行う毎日積立は楽天全米株式インデックスファンドに決定
毎日積立を始めるにあたって、いろんなインデックスファンドを検討してきましたが、全米株式投信に決めました。

ブログ村に参加しています

読者登録していただけると嬉しいです

ジロろぐ - にほんブログ村

ブログランキングに参加しています


PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
米国株・ETF 投資信託 日々の雑感
スポンサーリンク
フォローする

40代サラリーマン、3人の父親。
オンラインゲームに課金していたお金を、2008年ごろからFXに使い始めたことをきっかけに資産運用に目覚めたが、2015年にロスカットして投資手段を再度見直し。
すでに失敗することのできない年齢であることから、将来じぶん年金になりうる資産を築くために、株式やインデックス投資に転向。
投資資金は小遣いの中からなので端株制度を利用して資産運用してます。
詳しいプロフィール ≫ こちら

フォローする
ジロろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました