カブドットコム証券の口座解約の手順と掛った時間

個人情報を守るためにも使ってないカブドットコム証券口座を解約

一時期キャッシュバック目的で大量にFX口座や証券口座を開設したため、使ってない口座がたくさんあります。

今回のカブドットコム証券口座を開設したのが平成24年9月29日で、かれこれ5年以上経ちますが、ログイン回数は6回と表示され、ほぼ使用することがありませんでした。

SBI証券と同じくカブドットコム証券も非常に画面に文字が多く使いにくく感じ、おそらく今後も使うことがないかと思いカブドットコム証券の口座を解約することにしました。

以前マネースクエアジャパンの個人情報流出の件、先日は楽天に不正ログインされた形跡もあり、個人情報保護のため不要な口座を解約しようと思った次第です。

≫ トラリピで有名なマネースクエアジャパンが個人情報漏洩

≫ 楽天からパスワード初期化のメール。不正アクセスは楽天市場だけではなかった

スポンサーリンク
スポンサードリンク




カブドットコムの特徴

元々カブドットコム証券はキャッシュバック目的で開設したものでしたが、口座開設したところフリーETFといった商品があるなど、興味を持ったため解約せずにここまで保有して来ました。

フリーETF

カブドットコムでは多くのETFが売買手数料無料で取引できます。

多くの発注方式を利用して、ETFのトラリピのようなことが出来るので、当初はこれが目的でもあったのですが、FXなどの証拠金取引と違い、それなりに資金がいるためログインが6回という結果になりました。

端株投資「プチ株」

SBI証券ではS株と呼ばれますが、カブドットコムではプチ株と呼ばれます。

あとはマネックス証券が「ワン株」として単元未満株の取引が出来ます。

楽天証券や松井証券などでも端株を売却することはできますが、買い付けすることはできません。

カブドットコム証券口座解約の手順

カブドットコム証券の口座解約の手続きの手順

パスワードを数字のみに変更

カブドットコムの口座解約は電話でしか対応していません。

また 電話の自動音声に従って口座番号やパスワードの入力が必要になります。

よくパスワードは「英数字混合」というものを推奨しているわりに、パスワードを電話で入力するためにはどうしたらいいのかと思いました。

Q&Aを見たところあらかじめ数字のみのパスワードに変更してくださいと書いてあります。

今までも多くの口座を解約してきましたが、ログインした後にマイページで解約受付してくれればいいのに、一番不親切だと思いました。

03-6688-8889に電話してからの0#

口座解約の手順 03-6688-8889に電話します引き続いて口座番号とパスワードを入力します。

それが済みますとサービスの音声案内が行われます。

解約のためオペレーターと話をするためには「0#」を入力します。

たいていこの手の手続きは長く待たされるケースが多いのですが、すぐに繋がりました。

解約の申し込み

口座の口座を解約したい旨を伝えます。

オペレーターから残高の確認住所変更の有無の確認がありますので、引越しなどをされた方はパスワードを数字に変更する前に手続きしておくといいですね。

私の場合は、どちらも確認済みであったためスムーズに進みました。

最後に 解約の理由を聞かれました。

私の場合は「単純に使う機会がなくなったから」であります。

口が裂けてもポイントがもらえたからとは言えません・・・。

これで数日して解約の書類が届くのを待つだけです。

解約申し込み到着

カブドットコム証券の口座解約依頼書

手続きのため電話をしたのが11日、解約依頼書が届いたのが16日。

週末を挟んだとはいえ結構時間かかりますね。

ただ、こちらの書類は自分の名前だけ署名すれば済みますのでありがたいです。

後はこれを発送しておしまいです。

カブドットコム証券の口座解約依頼書を送付

口座解約完了

25日、口座の解約が完了しました。

なんと電話をしてから2週間という日数が経過しました。

まとめ

FXや証券口座は、それぞれ目移りしてしまうほど特徴があります。

そのほとんど会社で口座維持手数料は無料となっていますが、個人情報流出などのリスクも付きまといますから、不要と思えば解約しておいた方が良いと思います。

改めて取引したいと思った時に開設したので問題ないと思いますが、解約後すぐには開設できなかったりもしますので、その点だけは注意が必要です。

▽個人情報漏洩絡みの記事です

≫ 楽天からパスワード初期化のメール。不正アクセスは楽天市場だけではなかった

≫ トラリピで有名なマネースクエアジャパンが個人情報漏洩

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする