イオンの株主優待「イオンオーナーズカード」を手に入れた感想

優待の中でもずっと欲しかったイオンのオーナーズカードを使ってみました。

イオンオーナーズカード

優待は3月、9月が多い中、イオンは2月8月の優待銘柄でして、クロス取引されてる方にはとても嬉しい銘柄じゃないかなと思います。
優待は数ある中でもかなり知名度が高い、イオンのオーナーズカードです。

優待の内容

ご存じの方も多いとは思いながらあえて紹介しますけど、オーナーズカードを提示して買い物をすると、保有株数によって利用金額の何%かがキャッシュバックされる仕組みです。
また、このオーナーズカード、株主用とその家族用としてファミリーカードの計2枚を送ってきてくれますので、我が家では妻に家族カードを渡しています。

▽保有株数とキャッシュバック率をまとめました。

保有株数 キャッシュバック率
100~499株 3%
500~999株 4%
1000~2999株 5%
3000株~ 7%
普段からイオンなりマックスバリューを利用できる環境のご家族であればとてもいい優待だと思います。
例えば、100株保有で3%のキャッシュバックが受けられる事を前提にしますと、食材を含め月に3万円程度買い物をするのであれば、ひと月当たり900円。
年間にしますと10,800円相当がキャッシュバックされます。

さらに年末年始、盆などの大型連休などのイベント、子供の進学準備などが重なれば金額はさらに増えていきます。

株価1600円前後の時で優待利回りは6%を超えますから、かなりおいしい優待といえると思います。

イオンと我が家の距離感

そんなおいしいイオンの優待なのですが、我が家の近所にイオン系列のお店はありません。
近所にイオンやマックスバリューがあるような立地ならいいんだろうけど、日常の買い物は近所のイオンよりさらに安いスーパーもあることから、なかなか使う機会がないんですね。
じゃあ、なんでわざわざ株を買ったの?というところなんですけど、優待の内容がどうあれ「あなたがイオンのオーナー様です」と言われているようで気分がいい♪・・・ただそれだけの理由なんです。≫残念ながら自分の生活にはイオンの優待は不要だったので優待目的の銘柄としては却下

クロス取引

ちなみにこの優待、優待のタダ取りと呼ばれる、クロス取引で手に入れたもの。
この手法は証券会社のサイトにも紹介されている方法なのですけど、権利確定日に現物買いと信用売りを同時に発注し、翌日には現物渡しと言う形で信用売りも決済するというわずかな手数料と引き換えに優待を手に入れるだけの取引。
決して違法な取引ではないのですが、すでに株主優待を手に入れるには1年以上の保有を条件にするところもチラホラ出てきていることから、大なり小なり負担に感じている企業もある、という見方が出来るのではないでしょうか。

まとめ

優待に関しては海外の投資家からは利益の損失みたいな事を言われて反対されてるみたいですけど、中には優待ありきで株が買われ株価が維持できるなんて考え方もできるという考え方もあるみたいですね。

いろんな企業がいろんな考え方で優待制度を取っているので、会社員の素人がとやかく詮索するなんて「片腹痛いわ」って感じかもですが。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク




コメント

  1. koma22 より:

    こんにちは。
    端株取引メインでやってますkoma22と申します。
    ミニ株・プチ株ランキングは正直、内容ゼロのブログが上位に並んでいて、もう参加やめようかなーと思ってたところなので、こういうまともな(?)ブログが参加していただけるとうれしいです。
    お互い、のんびり頑張っていきましょう。
    また時々お邪魔しますね。

  2. Jiro より:

    >koma22さん
    koma22さんこんにちは。
    私もプチ株のジャンルに限らず、人気ブログやブログ村の上位にいるブログってkoma22さん同様の感想を持ってます。お互いマイペースで頑張りましょう^^