帰れる実家がある安心感!持ち家で育ててもらって良かったこと

住宅

職業柄、盆正月がなかなか定期的に休みにくい仕事という事も手伝って、実に2年ぶりに実家に帰ってきました。≫新幹線の切符を安く買う方法

やはり幼少期から若かりし青春時代を過ごした街というものはいろんな思い出が詰まってるものです。

スポンサーリンク

昭和40年代終わりの実家

私が生まれるちょっと前に両親が購入した実家です。

今は高気密高断熱という施工的技術もあり、冬でも暖かい住宅が増えましたけど、その当時は家を持つこと自体が夢のような話だったので、住宅の性能というのは二の次だったようです。

なので、実家はめちゃめちゃ寒いんです。

さらにネット環境というものも皆無・・・

正直、普段とは全く違う環境に苦痛なのです。

増築を繰り返した我が家

昭和40年代後半に多く建てられた間どりというと、両親と3兄弟、祖父という6人家族には決して十分な間取りではなく、増築を繰り返しています。

増築した際に既存との取合いに隙間から小動物が入り込んでたようで、何年か苦労したみたいです。

やはり人の気配が少ないと動物がどこからともなく入り込むんだろうなって思いました。

家を出た時と同じ実家

いつでも弾けるように調律されたピアノ

私が物ごころついた時にはすでにあったピアノ。

このピアノの前で泣きながら練習したこともありました。

時が止まった本箱

大学受験の際買ってもらった参考書なんかもそのままです。

高い教材だったのですけど、結局どれほども使わず本棚を埋め尽くしてまして、目にするのが辛いですが、その他にも私が当時読んでいた漫画やギター雑誌なんかもそのまま残ってます。

何より思い出

何と言っても窓から見える庭の景色を眺めていると、思い出が蘇ります。

勉強もせずにゲーム三昧していたこと、付きあってた彼女と長電話していたこと、毎日毎日ギターでコードを探しながらピアノを弾いていたこと、若かった親の姿や、柱に残った私たち兄弟や甥っ子姪っ子の成長の証などなどいっぱいあります。≫賃貸でも大丈夫 子供の成長の足あとが見える化できる付け柱

 

すでに私が広島に来て20年以上。

実家で過ごしたのは18年程度ですから、はるかに広島に来てからの方が思い出は多いはずですけど、そこにあるすべてが何事にもかえがたい思い出です。

帰って来られる安心感

ここまでの内容でなんとなく察しも付く方がいらっしゃるかもしれませんけど、そんな家なので決して片付いてるとか綺麗という家ではありません。

むしろ捨てるべきものもありますし、断捨離してやればもっと広く使える部屋はあります。≫クローゼットの服を断捨離したら住居費の節約につながる?

ただ、そんな思い出の詰まった家だからこそ、何かあった時には帰ってこられる場所があるなと感じます。

近所のおじさん、おばさん

当時の近所のおじさん、おばさんも、すっかりおじいちゃん、おばあちゃんになってしまいました。

でも実家でピアノを弾いていると、それを聞いて「ピアノの音が聞こえたから誰かなって思ったらJiroくんだったかぁ」って言ってくれる近所の人がいるんですね。

子供を連れて帰ると、「お~小さいころのJiroくんの面影あるなぁ」とか言われると、やっぱり実家という存在は大きいなって思います。

改めて持ち家派のメリット

このブログを初めて最初に他のブロガーさんたちと同じテーマで書いた記事が「マイホームと賃貸#家計ブロガー企画」でした。

いろんな人がいろんな考えのもと賃貸で過ごしたり、持家で過ごしたりしています。

ただ、自分のこういう思いを通して言うならば、子供たちが巣立った時に何かあっても帰って来られる場所を守っていてやりたいと強く思いました。

もちろん、何もなく帰ってこないのが一番ではありますけど、何かにつまずいて、くじけて帰ってきても再スタートを切れる場所を守っていてやりたいです。

まとめ

父も他界し、母一人になったあの家は少々大きすぎます。

家の各所には段差もありますし、階段は急です。

冬の入浴にはヒートショックなどの心配もありますし、防犯面でも不安です。

今年80の母。

あと何回会えるだろう?

感謝の気持ちは伝えただろうか?

今の生活には不自由な実家ではありますけど、新幹線で3時間の距離です。

なるべく帰って顔を合わしたいと思いました。

母親の投資歴に驚愕
私の親兄弟は投資にオープンなので、普段しないような話もするんですが、その中でも母親の投資歴に若干びっくりしたので記事にしてみたいと思います。
マイホーム取得から10年でそろそろ外壁塗装の時期
外壁などのメンテナンスは持ち家派の悩みの種です。ただ、放っておくと建て物は一気に痛んでいきます。定期的なメンテナンスを含めて家の寿命を延ばしてやるのも、メンテナンス費用を抑えるコツです。続編では我が家のリフォームの見積りも公開していきます。

コメント