金券ショップ以外で新幹線の切符を安く買う方法

上場が噂されるJR貨物 節約

 

実家が名古屋にありながら、広島住みの私。

神戸の震災の時に一時的に飛行機が飛んだ時期もありましたけど、基本的に広島名古屋間の移動は車か新幹線しかありません。

ただ、新幹線は足元が広く、足を組んだり出来ますし好きですね。

そんな新幹線の往復の運賃はなかなかバカにならないのですが、今回思いのほか安く手に入れることが出来たので記事にしてみました。

サービスの提供元は同じJRの新幹線の切符であればより安く購入できるに越したことはありませんからね。

料金のシミュレーション

シミュレーションが2例になりますので、2つの区間で正規の料金を記載します。

広島ー名古屋間の新幹線代(例1)

広島-名古屋間の新幹線の料金は片道が14,030円。

休日とか絡むと若干料金に差が出るのかもしれませんけど、単純に往復ですと28,060円という事になります。

昔は在来線で広島駅まで行って新幹線に乗ってたんですけど、社会人になってからはアクセスと駐車場の関係で東広島という駅を使ってます。

こだましか停まりませんので乗り換えをするようになりますが、さほど苦にならなくなりました。

大体停まるのは30分に1本くらいで、通過列車を見送る本数の方が多いです。

 

東広島ー名古屋間の新幹線代(例2)

東広島から福山で乗り換え、福山から名古屋まで(復路はその逆)の新幹線代が片道13,160円ですので、往復ですと26,320円です。

いずれにしても2泊くらいで支払うには少々痛い出費ですので、最低3泊くらいで帰省するようにしてます。

新幹線の切符を安く買う方法

新幹線の切符を安く買う方法

金券ショップで買う方法(例1)

一般的に安く手に入れる方法は金券ショップで購入するという方法があるかと思います。

大きな都市圏の駅周辺には金券ショップも結構ありますよね。

広島にある某金券ショップですと、「広島-名古屋」間が26,500円で購入することが出来ます。

正規の料金で28,060円ですから1,500円安くなります。

ただ、金券ショップのHPを見ていると乗車前にみどりの窓口で席の指定を受けるなど、若干手間が掛るようです。

旅行会社を通して購入する方法(例2)

今回の帰省で購入したのはこの方法でした。

たまたま会社に旅行会社の営業が来たことがきっかけで、新幹線のチケットを相談したところ「宿泊ホテル付で安くお売り出来ますよ」とのことでした。

半信半疑で「東広島-名古屋」間で最初に希望する時間帯で見積りを依頼したところ、約27,000円の金額の提示がありました。

私は実家に帰省するのでホテルは必要ないのに普通に購入(26,320円)するより高かったんですね。

ところが、メールの内容をよく見ていると指定するのぞみであったら23,800円で購入できると書いてあります。

宿泊用のホテルが付いて、さらに2,500円も安いとは驚きです。

ただ、距離が短いとさすがにどうなんでしょうか?

指定されたのぞみ

さてここが問題なんですけど、1日のうち、限定された何本かしか安くならないよっていうんだったらワザワザ記事にしないところですけど、比較的日中の新幹線が対象になってました。

私は夕方の便で帰ろうとしたんですけど、ワザワザ寝るためだけに帰らなくても翌日の便で帰ればいいか、と便を変更して帰りました。

まとめ

今回相談に乗ってもらった旅行会社は日本旅行のプランでした。


お金は振り込み、チケットもクロネコで送ってくれたので、なにも煩わしいことは必要ありませんでしたので、ぜひ検討してみてください。

すでにご存じの方もいらっしゃいました。

担当者にこういうのってどこの旅行会社でもあるの?って聞いたら「JRと宿泊のパッケージプランというのはどこの旅行会社でもあります」との返答でしたから、もしも時間があれば近くの旅行会社に問い合わせして、料金を把握しておくといいかもですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
節約
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
Jiroの端株投資奮闘記

コメント