マネーフォワードやマネールックという資産を一元管理できるサービス

お金にまつわる話

新規上場はなかなかの値がついたみたいで、何かと話題中の家計簿ソフト「マネーフォワード」ですが、うちは妻が一応家計管理をしている事から、基本的には任せていますので、あえてマネーフォワードを使って私が二重で管理する事はしていません。

というより二重で管理してたら不透明なお金の流れを見つけた時に腹立ちそうなので、月末に収支の報告を受けるようにしています。

 

スポンサーリンク

マネーフォワードとマネールック

マネーフォワードやマネールックは多くの金融機関やカード会社とリンク出来て、一つのサイトでお金の流れが一元管理出来るという優れ物です。

マネーフォワード以前は、マネールックという似たようなサービスはあったものの(今もあります)、当時は第二地銀は対応してなかったりと、利用できる金融機関が少なかったので、微妙に使い勝手が悪かった覚えがあります。

私が知っている限り、Gポイントというポイント交換サイトが運営していたため、ポイントサイトとの連携は非常に良く、その頃はポイントサイトで小遣い稼ぎしてたこともあって、マネールックを使ってた時期もありました。

ポイントサイトの悲惨な実体験!ポイントの貯め過ぎに潜む危険性

この記事を書くにあたり改めて調べてみると対応する金融機関はかなり増えましたね。

マネーフォワードやマネールックの安全性

両サイトとも、登録した金融機関に自動でログインして口座の残高などを引っ張ってきてくれます。

それだけに、セキュリティという面は非常に心配ですよね。

このセキュリティ面には両社には違いがあります。

マネーフォワード

マネーフォワードの場合は、各金融機関のログインIDやパスワードをマネーフォワード側へ登録する必要があります。

これら登録されたものは、暗号化され当然ながら高いセキュリティによって保管されます。

マネールック

マネールックの場合には別途ログイン情報管理マネージャーというソフトをインストールし、自分のパソコンの中で暗号化された上で管理します。

なのでマネールック側へログイン情報を預けるという必要はないのです、

スマホアプリ

マネーフォワードはiPhone、アンドロイドともにアプリが準備されていますが、マネールックに関してはマネールックのアプリは準備されていません。

日本のスマホの大多数はiPhoneなので、多くの人には不自由ないとは思いますが、格安SIMを使う私はアンドロイドなのです…。

対応金融機関

マネーフォワード

マネーフォワードは銀行などはもちろん、仮想通貨やmaneoやグリーンインフラレンディングといったソーシャルレンディングといった資産運用のサービスとも連動しています。

また、LINEPayなどをはじめとする電子マネーなども多く対応しています。

マネールック

銀行や証券口座などに関してはあまり差を感じませんが、電子マネーなどへの対応はマネーフォワードにおくれを取っているというイメージは否めません。

ただ、冒頭に触れました通り、ポイントサイトへは圧倒的にマネールックのほうが対応サイトが多いです。

マネールックの対応金融機関

どちらが便利?

ポイントサイトを多用していた以前の私であればマネールックのほうが使い勝手はよかったと思います。

現在は資産運用が主ですから、現在はマネーフォワードを利用しています。

 

資産管理

私は家計簿としてではなく、純粋に私の資産の管理として利用してます。

マネーフォワードでは、証券口座なんかとリンクさせると保有銘柄の株とかも出てきます。

 

どこの口座でどの銘柄を持ってるとか、それがどんな状態になってるとか、一目で分かるんですね。

上の画像は証券口座ですが、FX口座の画面では保有するポジションがすべて出てきます。これには少しびっくりしました。

 

資産の推移

今の自分の資産がどんな状態なのか、良くも悪くも一目で分かりますね。

一時的にお金の出し入れのタイミングで上下に振れてますけど、まあそれなりに順調なんではないでしょうか?

 

 

資産構成の確認

これは今年の1月の私の資産構成です。

年末に見直そうと取っておいたものです。

これが最近取ったもの。

投資信託とFXの割合が減って、現金と株の割合が増えた事が一目瞭然ですね。

ただ実際には投資信託を売り払っただけで、現金が増えたとか株が増えたという訳ではないのですが、上の推移をみるとトータルでは増えてるみたいですね。

 

まとめ

いくつも証券会社をもってるてる人っていっぱいいると思うんですけど、それをいちいちチェックして評価額がどれくらいとかって言うのはめんどくさいですよね。

マネーフォワードを使ってしまえばどの証券でどんな銘柄持ってて、評価がどんな状態か一目でわかるので超便利ですね。

今後はもっと現金比率を下げながら株や米国ETFの比率を上げていきたいと思ってますが、なかなか株価が下がりませんね。

マネーフォワードで1年の金融商品の割合の変化を確認
いよいよ2018年、最後の平成の年が始まりました。私は毎年正月にマネーフォワードで資産構成のグラフを見るのを楽しみにしています。

コメント