浪費以上に管理したい支出は?

妻には家計の管理をしろと言っておきながら、自分の小遣いは特に管理してなかった、他人には厳しいJIROです.
まあ、小遣いと家庭のお金は管理目的が全く別の物ではありますが。。。

支出の種類とは?

支出には

  • 浪費(支出額>効果・価値)
  • 消費(支出額=効果・価値)
  • 投資(支出額≦効果・価値)

という、3種類の性質があります。

( )にはこのブログ上での定義を書いてます。

それぞれの定義というものに結論的なものは人それぞれかと思いますが、便宜上手っ取りく伝えやすいので、支出した対価に対し価値が低いものが浪費、価値が以上ものを投資、同等の物を消費と定義しています。

節約するのに一番管理するべきは?

浪費は、私の定義上支出したお金より、その対価の価値が低いものでありますし、この支出は限りなく0に近づけたいものです。

浪費した事で気分が晴れやかになる時はまだしも、後で後悔するような浪費は避けたいものですが、多くのケースでこの浪費に関するお金は自身が「無駄使いした」と意識したり認識しているケースが多いと思いますので、この浪費に関しては、お金の管理ではなく行動の管理だと思います。

買い物をしてストレスを発散する人もいますが、私もお金を使う事は好きです。必要に迫られないものを思い切って買った時というのは意外と楽しいものですが、基本的に物を買う時には、それが

  • 「自分にとってどういうものであるか」
  • 「今あるもので代用できないか」
  • 「もっと安いもので代用できないか」
  • 「それを買った後の利便性は?」

と自問自答して、極力浪費にならないように心がけています。なぜなら私は自分のことを浪費家予備軍だと思ってるので。

消費は費用に対する効果がまあ等しいという支出です。

食費や光熱費などがまさにこれに当たるかと思います。人間が食べて楽しく暮らすとを放棄してしまってはお金を貯めるとか以前の問題の気がします。

ただ、消費のお金の管理は難しいと思ってまして、日常の生活の中の消費には、額が小さいながらも結構な数の浪費が含まれてるんじゃないでしょうか?

例えば電気のつけっぱなし、水の出しっぱなし、無駄になった冷蔵庫の食材。

消費の中に浪費あり

一番管理したいところです。

投資という支出の性質を、支出額<効果・価値と定義していますが、必ずしも支出額が効果や価値を上回る事は約束されていませんし、正確には

支出額<効果・価値 (可能性)

「効果や価値が、支出額を上回る可能性がある」とするべきかもしれません。

子供の教育費、学費なんかは子供の将来に向けての投資ですよね。

こんな事を書くと語弊があるかもしれませんが、学費に見合うリターンというのは将来でないと分かりません。子供にリターンを期待するのもおかしな気もしますけど、学費を出す以上は自分の為になるようにしっかり勉強して欲しいと願うのもやはり親でしょう。まあそのリターンは親に返ってくるのではなく、子供に返るのではありますが。

ただ、この不確実性が日本人が投資というものを遠ざけている原因の一つかもしれません。

あくまで可能性が上向くと言うだけで、それが約束はされていませんから。

それなのにパチンコやギャンブルに興じる人達は一定数いるのだから不思議です。

まとめ

お金ってあるところにはあるね・・・

と嘆いたことのある人は私だけではないはず。

なので、お金があるところへ自然と集まるもんだねというのは多くの人が実感済みの事実。

お金はお金が好きです。

お金がないところからは逃げていくなら、少しでもお金を逃がさないように管理したいものですね。


実は浪費家予備軍です
私、JIROは・・・結構浪費家傾向が強い趣味を持ってると自分で思っています。 趣味と言うもの自体が、お金を掛け出したら止まらない世界の...
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク