これなら簡単!覚えられるけど複雑なパスワード作り方

ウェブサービス
スポンサーリンク

いろんなサイトに登録するたびに頭を悩ますのがIDやパスワード。

多くの場合はIDとパスワードという2つを認証することでサービスの利用が出来るようになります。

IDは比較的メールアドレスで認証してくれるところも多いですが、問題はパスワード。

近年では不正アクセス防止などの面からも、パスワードの使い回しはやめましょうと多く叫ばれています。

でも実際にその都度パスワードを作るのは大変。

しかもサイトごとに別々のものを管理するのはとても大変なので、ここでは私が使っている「覚えやすいパスワードの簡単な作り方」をご紹介します。

なお万一パスワードが解析され不正アクセスされても保障は致しかねます。あくまで参考としご自分の判断として運用してください。

スポンサーリンク

パスワードのベースを作る

まずパスワードのもとになるベースを作ります。

誕生日をベースにしてもいいですし、名前をベースにしてもいいと思います。

誕生日をベースにする場合

西暦2000年5月3日生まれの人の場合ですと、あくまで例として以下の様なパスワードが作れるかと思います。

000503200005032000may03

多くの場合には英数字が推奨されていますし、上記の中でしたら「2000may03」というのが好ましいでしょう。

名前をベースにする場合

名前をベースで考えた時にはどのようになるでしょうか。

例えば山田太郎さんをローマ字に変えるとYAMADATARO(U)となります。

ここから母音を消してしまうと「YMDTR」となります。

公式を入れてみる

これら以外に、公式をベース部分に組み合わせるのも一つの手です。

円の面積は、半径×半径×3.14ですよね。

それを「314rr」といった具合です。

名前と誕生日を組み合わせる

もし短ければ、これらを組み合わせベース部分の作成をします。

山田太郎さんが2000年5月3日生まれだった場合には、「ymdtrmay03」とします。

これでパスワードのベースはおしまいです。

スポンサーリンク

利用するサイトやサービス名を付加する

ベースとなるパスワードだけではサイトごと使い回すようになりますから、次に利用するサイトやサービス名を付加して、パスワードを肉付けします。

ここではYahooを例に挙げすと、「yahoo+ベースになる部分」といった具合です。

名前でベースを作った山田太郎さんの場合には、「yahooymdtr」というパスワードになりますし、誕生日で作った5月3日生まれの人でしたら、「yahoo2000may03」となるわけです。

強度の強いパスワードの作り方
yahooymdtrでパスワードの強度を調べた

もう少し強いパスワードを狙ってみます。

スポンサーリンク

マイルールでパスワードを独自化する

恐らくここまでの方法でパスワード運用されている方は多いと思いますが、ここからはご自分のマイルールでパスワードを独自化する方法をご紹介していきたいと思います。

あくまで例として、ご自分のルールを確立させていただきたいと思います。

大文字を使う

「サイトによっては大文字を入れなさい」というサイトもあります。

そこで、ここでは上で紹介した、サービス名を大文字に変換します。

「例:YAHOOymdtr」といった具合です。

もちろん、Yだけ大文字にして「Yahoo」でもいいですし、母音を大文字にして「yAhOO」でもいいです。

記号を使う

記号を入れなさい、というサイトは結構意地悪なのですが、私のなかで簡単なのが@を使う方法。

上記の例ですと、「Y@hooymdtr」と、aを@に変換します。

人によってはSを$にできる人もいるかもしれません。

a@
f
c(
s$
y\

kを<でもいけるかもしれませんし、あくまで例です。

使えない記号などもありますから、ご自分で連想できる記号をお使いください。

数字に変換する

これは私も結構使ったりします。

ここでも例をあげます。

o0
iやl
1
s5
b6

それぞれを組み合わせる

後はこれらを組み合わせていきます。

先ほどの山田太郎さんのYahooの例で行きますと、

「Yah00ymdtr」と、サービス名に大文字、数字を組み合わせてつくることもできますし、「YMDyahoot@ro」苗字と名前でサービス名を挟んでしまうやり方もできます。

強度の高いパスワードを作る方法
YMDyahoot@ro でパスワード強度をチェックする

この辺りはご自分のルールで作っていけばよいかと思います

スポンサーリンク

パスワードの強度をチェックする

最後に、作ったパスワードの強度をチェックします。

パスワード、強度といったワードで検索を掛けると出てきますが、今回使用させていただいたサイトはこちら。

パスワード強度チェッカー (zxcvbn)
パスワード強度を判定します ( 推定クラック時間も算出します )。パスワードの強度を判定してくれるライブラリ zxcvbn を利用しています。

パスワードを解析する技術も日進月歩で進化しますし、安心しきらないためにも、ほどほどのパスワードでいいかもしれませんよ。

スポンサーリンク

まとめ

パスワード作成の推奨は、大文字小文字はもちろん、同じ文字が続かないようにとか、記号を入れてとか言われますけど、なかなかそういったパスワードは作れませんので、どこかで妥協も必要かと思います。

記号が使えるところというのは少ないですけど、覚えやすいパスワードを簡単に作るというのはなかなか悩むところだと思いますので、参考にしてみてください。

▽それでも増え続けるパスワード。私はこのアプリで管理しています。

増え続けるパスワードを簡単に管理するアプリKeePass
パスワードが増えて忘れた、困ったという経験はございませんか?人それぞれいろんな形でパスワードは管理されていると思いますけど、たった一つのパスワードで多くのパスワードをパソコンやスマホから確認できるKeePassをご紹介します。きっとお役にたてると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました