大学には進学させないと息子に言ってきたけど、出来ることなら行ってほしい

教育・育児

子育ての最終段階、大学進学。

大半の親は学資保険などで進学費用を蓄えつつ、この時を恐れながら待ってるはずです。

実は私は、息子に「大学なんか行かせない」と言ってきましたけど、最近は高校に入学し進学というものが迫ってきており、大学へ進学するメリットも含め、進路の相談にのっています。

もちろんひとりの親として、大学へ進学して欲しいという思いがないわけではありません。

行って欲しい理由は、私自身が大学に進学したことで、資格試験の受験資格などで受けた恩恵だったり、遊びまくった4年間を今でも貴重な時間だったと感じるからです。

4年という学生の時間を得られ、遊びに勉強、もちろん恋愛と、何をするにも時間と金がそれなりに自由になる時間です。

恐らく人生において一番の自由な期間になるはずです。

この時間を使って、ぜひ有意義な経験を積むためにも進学して欲しいとは思いますけど、行く以上は覚悟を決めて欲しいと思うわけです。

スポンサーリンク

大学へ行かせないといった理由

私が大学に行かせないといった理由は、「(目的もなく)大学に行かせない」という意味です。

昔から学歴のためとか、働きたくないとか、ただ何となくとかで進学してる学生も少なからずいると思いますが、目的をもって進学することで、そのメリットを最大限に享受することが出来ると考えているからです。

そもそも大学へ行く目的意識がおかしすぎる

大学進学が当たり前になった

最近では「大学へ行くのが当たり前」くらいに思ってる親も当然にいます。

大半が進学していくので、そういう感情を持つのは当たり前とは思いますけど、本来通うのは子供であって、親が世間体を気にしつつ行かせるものではないと思うのですね。

大学なんてものは本人が行きたくないと思えば行かなくてもいいんです。

ちなみに以前うちの会社に、卒業間際になって単位が足りず中退した者が縁故で入社してきました。

聞けば、本当は大学へ行きたくなかったのに行かされたのが嫌で、学校へ行くふりをしてずっとパチンコ屋に入り浸っていたそうです。

学校もよく卒業間際まで指導もせずに進級させたなと思いますけど、この言い訳も大概です。

≫ 子供にパチンコがどういうものか話した話

ジロ
ジロ

ちなみに私は1年生の終わりに学校から親元へ、単位が足りないから来年はヤバいよって通知が届きました・・・^^;

働かなくても金が稼げるようになった

私たちの時代にはネット上でお金のやり取りなんてことはありませんでした。

ただ現在は快適なインターネット環境というものがあり、誰でも何ででも金儲けの出来る時代です。

だからこそ、サロンとかいう訳のわからない金儲けをしようという集団に入ってみたり、ブログで稼ぐために大学を辞めると言い出したりするのではないだろうかと思うわけです。

子供が生まれて18年もの間学資保険を積み重ねてきた親にしてみると腹立ちますし、40代という年齢になった私にしてみると理解に苦しみます。

≫ 学資保険は無駄?それでもおすすめしたいこんな理由

大学まで行った以上ある程度覚悟を決めるべき

大学へ行く以上進路には覚悟を決めるべき

大学生ともなると、学生とはいえ責任ある行動のとれる1人の社会人と見なされることも多いはずです。

だからこそ学費を払ってまで行った大学で、学業に打ち込みその進路に進むという覚悟をある程度持って進学するべきではないかと考えます。

もちろん大学へ行ったからこそ、やりたいことが見つかるといったケースもあることでしょうから、進路の修正として別の方向へ進むのは大事なことです。

むしろ、畑違いの分野で活躍できるのは羨ましいことです。

だけど、そうでない以上、夢見がちな訳のわからない事を言っていてはいけないと思いますね。

大学生時代に経験して欲しいことは「旅」

ただ、せっかくの大学時代です。

学業はもとより、自由になる時間が多い大学生活の中では遊びも経験して欲しいですが、その中でも一度は経験してして欲しいのが旅です。

私自身バイクでいろんな所へ行き、特に北海道では外国人を含めいろんな旅人に出会いました。

息子は交通事故で高次脳機能障害になったことから、現時点で公道で自転車に乗ることを病院から禁止されていますので、バイクはおろか自転車も使えない可能性はあります。

≫ 交通事故の被害者の生活をちょこっとだけ語ってみる

なので電車などを使った旅になるかもしれませんけど、いろんな目的で旅をしている人は多かったです。

息子が興味を持つかどうかは分かりませんが、いろんな土地へ行き、知らない地名を読み、土地の名物を食べ、方言を聞き、風の匂いや海の匂いを嗅ぐという経験は、きっとその先の人生を豊かにしてくれるものと思います。

こうした時間を確保するのは、就職してしまうとなかなか難しいです。

まとめ

何だかんだいって、大卒という学歴のメリットが大きいのも事実ですが、そんなことよりも大学の4年間というのは、勉強をするにも、遊ぶにも長いようで過ぎてみれば一瞬です。

特に4年という時間を、1人で自由に使えるのは人生においてこの時しかありません。

だからこそ、高い学費を払って大学へ進学する以上は目的意識を持って就学して欲しいし、時間は計画的に過ごしてほしいと思うのです。

 

コメント