その他の金融商品

積立NISA

楽天全米株式インデックスの毎日積立のドルコスト効果はいかに?

毎日積立を行うと発生する端数の処理。切り捨てられたらたまりませんので、どういう処理がされているか検証してみました。検証結果には非常に満足する結果でした。ただ、長期にわたる積立てを考えた時には誤差の範囲に納まるかもしれませんね。
積立NISA

GPIFのポートフォリオを積立NISAのバランスファンドからおすすめを選んでみる

分散投資を考えた時にどんなポートフォリオがよいのか考えた時、大きなお金を運用しているモデルとなる年金積立金管理運用独立法人(GPIF)のポートフォリオを参考にバランスファンドを選んでみました。
iDeCo

つみたてNISAとiDeCoの運用商品の比較

つみたてNISAとiDeCoの運用商品の違いとして決定的なのは、どこの金融機関でも同じ商品を利用できるつみたてNISAに対して、iDeCoは金融機関によって取り扱う商品が違う事です。iDeCoを利用するにあたって注意したいことを書いています。
iDeCo

iDeCoに興味のある若者はぜひ前向きに検討して欲しい

若いうちから税制の優遇されたiDeCoやNISAなどの制度を利用しておくと、将来の年金に対する不安を自己解決することが出来るときが来るかもしれません。なるべく早くお金に貪欲に賢く向き合ってほしいです。
iDeCo

制度の改善を願いiDeCo/NISAアンケートにも回答しました

非課税制度などでメリットの多いNISAやiDeCo。そうは言いながらどこかで非課税制度を出し惜しみしている状態の制度にわずかながら声を上げてみました。
iDeCo

積立NISAやiDeCo意外でもメリットの多いネット証券はおすすめ

つみたてNISAやiDeCoをはじめ、積立投資や少額投資を始めるにあたって必要な証券会社にはネット証券をおすすめします。もちろんそのデメリットもありますが、それを差し引いてもメリットが大きいです。
スポンサーリンク