為替

米国株・ETF

米国の株式やETFに投資するときに注意しておきたいこと

米国株ETFは高利回りのものも多く人気ですが、海外ETFならではの怖さもありますので、改めて気をつけておかなければいけないことをまとめました。
端株投資とは

米国株へ定額で端株投資ができるワンタップバイがPayPay証券に

米株に「1000円から」「定額で」投資ができるPayPay証券(旧ワンタップバイ)。ちょっと割高の手数料にはなるものの、デメリットというほどのコストでもないのでおすすめ。
2021.05.01
配当金

2019年米国ETFの分配金を集計して利回りに感じたこと

2019年の日本株の集計をしていて、「あ、そういえば俺米国ETFも持ってたわ…」ってなことで集計を~続きを読む~
2020.04.20
スポンサーリンク
コラム

日本も単元株をやめて1株単位で買えるようにするべきではないか?

米国株式の最低手数料の撤廃は大きなニュースの一つだったのではないでしょうか。それだけに今後日本でも単元株という縛りを止め、端株投資を公に認めてほしいと思った年でした。
2021.05.09
外貨預金/外貨MMF

住信SBIネット銀行の外貨積立は購入上限レートを利用して、ドルコスト平均法をさらに活かす

外貨預金や外貨の調達には住信SBIネット銀行の積立が、為替コストも安く、積立設定も細かく注文できるのでおすすめです。また、購入上限レートを設定することで、より安く購入することも可能です。
2020.10.01
外貨預金/外貨MMF

住信SBIネット銀行で外貨調達すると為替手数料が激安。積立ならさらに半額の安さ

住信SBIネット銀行の外貨積立は、きめ細かな積立設定ができ、かつ為替手数料も安いのでおすすめです。またリアルタイム、手数料無料でSBI証券への入金も可能です。
2020.04.20
米国株・ETF

ネット証券の米国株取引手数料が無料に。あなたはどこを選ぶ?

米国株式の取引手数料の値下げ競争が激化し、再度横並びとなったものの、あなたはどこの証券会社を選びますか?私は普段使っているSBI証券を愛用していくつもりです。
2020.04.20
タイトルとURLをコピーしました