iDeCo

iDeCo

企業型確定拠出年金を使って実質12,000円で5万円の老後資金が作れた

企業型確定拠出年金をつかうと標準報酬月額を少なくすることができるため、厚生年金や健康保険が安くなります。それによって拠出金が実質無料という不思議な現象がおきます。
iDeCo

我が家がiDeCoを利用しなかった理由

つみたてNISAやiDeCoをはじめ、積立投資や少額投資を始めるにあたって必要な証券会社にはネット証券をおすすめします。もちろんそのデメリットもありますが、それを差し引いてもメリットが大きいです。
iDeCo

つみたてNISAよりデメリットの多いiDeCo?

若いうちから税制の優遇されたiDeCoやNISAなどの制度を利用しておくと、将来の年金に対する不安を自己解決することが出来るときが来るかもしれません。なるべく早くお金に貪欲に賢く向き合ってほしいです。
スポンサーリンク
iDeCo

たった3,000円からだけど企業型確定拠出年金を始める

企業型確定拠出年金が導入されました。健康保険や厚生年金と行った社会保険料も抑えることができるので、たった3000円からですがはじめました。
2022.05.28
iDeCo

企業型確定拠出年金を利用して給付型奨学金を利用してみたい

息子が専門学校への進学が決まり、奨学金制度などを調べていたところ、何やら面白そうな制度が。 ~続きを読む~
2021.04.22
iDeCo

証券口座以外でiDeCoに加入するならイオン銀行がおすすめ

iDeCoには運営管理機関手数料が月々掛りますが、イオン銀行を選ぶと月々の手数料が無料され、ネット証券などに抵抗のある方にはおすすめの金融機関です。
2022.03.30
iDeCo

iDeCOを取り扱うネット証券各社の比較

つみたてNISAと違い、金融機関によって取扱商品の違うiDeCo。ネット証券の取り扱い商品の比較をしてみました。
2020.07.22
タイトルとURLをコピーしました