投資用資金捻出のため、先月からつもり貯金を再開しました

最近ツイッターを始めいろんな人のツイートを見る中で、多くの資産運用をしている人の意見を見聞きできて、いい刺激を受けてます。

投資資金の捻出

今まではポイントサイトなども併用してきたのですが、FX口座開設のような高額案件はもちろん、長らく良案件として掲載されていたクレジットカードの発行による案件もすっかり見かけなくなりました。

なので、極力自力で小遣いから捻出する。これが最大の課題であります。

捻出方法

さて、お金を捻出する方法は簡単ではありません。生活の質を落とせば捻出できるかもしれませんけど、人間なかなか生活の質を落とす事って難しいです。

そもそも「銭を稼ぐには何かしら努力をするもんだ。」と思ってますので、私に残っている手段は生活の質の代用という形での捻出を考えてます。

出るお金を手元に残す方法

お金を貯めようと思う時には、大原則としては

収入ー支出=貯蓄

という式が成り立ちます。

お金の管理に関心を持つようになると

収入ー貯蓄=支出

という先取り貯蓄の式に変わります。

ですが、この場合の支出というのはあくまで予算ですから、この式に無理矢理もう一つ足して

支出(予算)-出費=貯蓄

その予算支出からさらに出費を抑えることができれば貯蓄額が増えると言うことになりますよね。トヨタ式にいうと乾いたぞうきんをさらに絞るというヤツでしょうか。

ただ、家計管理で支出ばかりに目を向けてしまうと、正直疲れます。多分生活出来ないと思います。なので程度はありますけど浪費は心の潤滑剤として時には必要と思います。

つもり貯金

私は最近つもり貯金を再開しました。

朝、自宅からコーヒーをマグボトルにコーヒーを入れてもらって、車内で飲む。その代わりにコンビニでコーヒーを飲んだつもりで100円を灰皿に入れる。これだけですが、月にすると2500円、年にすると3万円ぐらいの資金が捻出できることになります。(≫捻出したお金の入金方法)

今後寒くなると、わざわざ暖まった車から降りなくても、あたたかい車の中でホットコーヒーが飲めるわけですし、朝の5分という時間は貴重です。

前はこのつもり貯金を一冬続けて、貯まったお金を使ってハニーズ(2792)の株を買って、優待を妻に還元したのですが、優待を期限切れにした+単元株が10株から100株に変更になったため株を処分しました。(参考:当時1株1200円で10株1単元、1000円の買い物優待券がもらえました)

たかが100円

いつも自分で感じることなのですが、たかが100円なのです。

ですが、最近ではネット証券から100円投信が発売されています。

  • コンビニのコーヒー。
  • ATM時間外手数料。
  • 100均でなんとなく買った。

こういった行動を少し気にするだけで投資用の資金というものは捻出することが可能になるのです。

まとめ

私はタバコを吸いません。というか止めて13年になります。大きな変化というがありまして、コンビニに寄らなくなりました。≫元喫煙者が辞めて良かった7つメリットとその禁煙方法を書いてみる

寄る理由がないんです。せいぜいお金をおろすとか、トイレを借りるとかで、週に1回行くか行かないか。なので、余計なものを買うことがまずないです。

今タバコを吸っていれば、タバコを止めたお金で日に500円以上のお金を捻出することが出来るのですが、さすがに現状の生活の小遣いの中から日500円を捻出することは、上の方でも書きましたけど疲れてしまいます。

なるべく無駄な出費を抑えて投資用に資金が捻出できるようにしたいと思いますが、そればかりが先行しすぎて、「あいつはケチだ」といわれないよう心がけていきたいと思います。


▽つもり貯金の100円の行き先が決定しました

私も毎日投信積立の検討者として色々ファンドの検討をしてみようかと
他の投資商品にはない魅力もある投資信託。つもり貯金の資金を投入して毎日積立投信始めたいと思います。

▽何か身近な事からでもはじめないと結局何も変えられません

投資資金の大小は気にしない。みんなゼロからのスタートだったはずだから
日本に産まれて日本の義務教育を卒業して。 よほど特殊な状況で勉強してないと、投資という事を教わることはまずない日本。 ...

▽つもり貯金と相性のいい銀行

手数料が高いといわれる楽天銀行、じつはつもり貯金と相性がいい?
硬貨も入金できるゆうちょATMと、ゆうちょ銀行から無料で入金できる楽天銀行は、つもり貯金と相性のいい銀行。

▽やめられるものならやめたほうがいいです

元喫煙者が辞めて良かった7つメリットとその禁煙方法を書いてみる
タバコをやめようという人は多いとは思いますが、私も元喫煙者なのでなかなか辞められない気持ちはよくわかります。 でもやっぱり辞め...
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
jiro-invest.space
スポンサーリンク
スポンサードリンク