配当金

お金にまつわる話

経済的自由は無理でも、経済的余裕は手に入れたい

経済的自由を手に入れるのはとても難しいですが、給与所得以外の不労所得を得る、経済的余裕を手に入れることは誰にでも可能な事です。
配当金

端株投資の配当金まとめ 2018年上半期

2018年6月までに届いた配当金を整理してみました。配当金が届くたびに、保有株式数を増やしていきたいと思わせてもらってます。
単元未満株

端株投資のメリットは配当金を再投資して複利運用出来ること

端株投資というのは手数料こそ掛りますが、配当だけでも株を購入することが出来、再投資しやすいというメリットもあります。再投資して複利運用というのは意識しておきたいところです。

単元未満株(端株)で集めたKDDIを単元株化、一方で反省点も

携帯電話の脱キャリアを果たした時に宣言していたKDDI株の単元株化。ナンピン前提ではあったものの、その買付単価を見ていると反省点も見えてきました。

一時株価は約3倍になった東証2部銘柄「寺岡製作所」売りました

工業用テープを作っている寺岡製作所。株価は高値で一時買付時の約3倍となっていました。売り時を逃したのですが、別の銘柄の買付資金にする為、今さらの売却です。東証2部銘柄という事もあり、上場替えという期待も持っての保有でしたが、よく考えたら上場替えの条件を気にしたことがなかったというオチです。
単元未満株

連続増配銘柄の日本たばこ産業(JT)2914の配当利回りは5%に

株価も下がり配当利回りはいよいよ5%となり、大変魅力的な価格まで下落してきました。JT自体はたばこ産業だけでなく食品や、富士フィルムも成功したも医療の分野も手掛けておりまして、今後大きく下がった際には買い増しできるように端株で購入しました。