暴落

投資に対するスタンス

暴落時に退場しないことを優先し分散投資を続けていく

コロナショックから3ヶ月、株価はすっかり元通りになってきましたが、今後の暴落の可能性も否定できません。まずは今回の様子を振返り、次回以降の暴落にも備えておきたいと思います。
投資

コロナショックの暴落が改めて教えてくれたもの

コロナショックによる暴落を経験して、改めて投資へのスタンスの見直しができました。特に初めての経験という人には多くの学びのある下落だったのではないでしょうか。
コラム

ツイッターのみんながこれから買いたい株10選

様々な要因で株価が下がった時でも、冷静な判断で銘柄を選べるように普段からチェックしておきたいと思いました。
2020.07.03
スポンサーリンク
お金にまつわる話

コロナショックもリーマンショックの時の経験を活かしていきたい

コロナウィルスの影響で、既に経済に大打撃を与えていますが、リーマンショックの時の経験を活かしてこの騒動も乗り越えていきたいと思います。
お金にまつわる話

これからもインデックス投信の積立と端株投資のダブルで運用

コロナショックで大きく含み損になった人も多いかもしれませんが、私はこれからもインデックス投信の積立や配当金のある株式、両方のメリットを活かして投資をしていきたいと思います。
端株投資奮闘記

新型肺炎「コロナウィルス」の感染拡大懸念でダウの大幅下落

コロナウィルスの拡大懸念で大きく値を崩し始めた2月のある一日をご紹介します。
2020.03.05
投資に対するスタンス

上昇銘柄ですら持ち続けられないのに、なぜ暴落時に保有できると言い切れるのか?

資産が伸びている時ですら売り時の判断は難しいものです。それ以上に暴落時に保有する資産を持ち続けるというのは大変難しいのです。経済の安定しているこの時期だからこそ自分の投資方法を見つめなおしてみてもいいと思うのです。
タイトルとURLをコピーしました