実は浪費家予備軍です

私は自分自身、結構浪費家傾向が強い趣味を持ってると自分で思っています。

趣味と言うもの自体が、お金を掛け出したら止まらない世界のものが多いのは事実ですけど、とりあえず自制心をもって楽しんでます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




浪費家傾向の強い趣味

バイク

のっ

浪費の象徴とも言うべきオートバイ。

大型二輪なので車検もありますし、保険もそれなりに掛かります。

さらには250ccのスクーターもあるし・・・。

さすがにこの250のバイクは手放す事を検討中です。

数年前には北海道へ単独でツーリングへ行ったり、本州の四端を踏破したりと結構散財してます。

ちなみに本土の四端というのは

  • 北海道 納沙布岬 最東端
  • 北海道 宗谷岬 最北端
  • 鹿児島県 佐田岬 最南端
  • 長崎県 神崎鼻 最西端

の四ヶ所です。

18から乗り出して、途中数年保有期間がないだけで、実質20年以上乗ってます。

今の愛車は既に妻と一緒にいる期間より長いです。

年式も年式なので、最近ではめっきり修理に出る機会も増えましたが、ここで宣言します。

バイクには乗り続けます

むしろ欲しいバイクはあと5台くらいあるんですけど、そこは理性で押さえてます。

またしても来ました。

車いじってたころは、車をいじる(改造する)ために家が欲しいと思ってました。

最近になって、自分にとって車は家族を移動させるものであって、自分のものではないと言う事にようやく気付いたので、さすがに車に関しては止めるようにしてます。

バイク以上にお金掛かりますので。

ただ、許されれば欲しい車はありまして、それが32GTRと70スープラです。

車の選択が40代らしいと思ってますw

カメラ

ツーリングで北海道へ行ってからというもの、自分が見たものを写真で伝える事って難しいんだね、って事に気付かされ、カレンダーの写真を見ても写真の奥深さを感じてます。

それ以降は一眼を持って動く事とか増えましたね。

初めて買った一眼レフが初心者向けのエントリーモデルだったということもあり、というか、最近の一眼の性能が向上しすぎてカメラを買い換えたいです。

あとはレンズ。

もちろん買えないわけじゃないんですけど、レンズ1本に何万と言うとちょっと慎重になっちゃいます。

道具じゃないよっていうご指摘はごもっともですが、何事も道具があれば一段上のステージの楽しみが出来るというケースは多いものです。

楽器

小さい頃からピアノを習わされてたり、小学校のころはブラスバンドにいたこともあり、チョコチョコと楽器は演奏できます。

自室にはエレキギターとアコースティックギターがあわせて4本ありますし、アンプは2台あります。

そんなにいらんやろ?と言われそうですが、ギターは材質によっても音が違いますし、チューニングを変えたものもあったりしますので、アコースティックを含め最低でも3本は欲しいんですよね。

先日テレビを見てて、ふと「ギブソンのギター欲しい」って言ったら「いくらすんの?」って妻が聞くので、「安くて30万ぐらいからじゃない?」って言ったらさすがに「は??今でも4本あるのに意味わからん」って言われました。

やっぱりギブソンのギターというのはギターキッズだった私には憧れのギターなんですよ・・・。

最近では娘がピアノを習い始めたので、今までリビングにおいてたピアノを自室に持って上がって新しく一台買おうとしてますし、電子ドラムを自室に買おうと思ってるのは妻も呆れてる話。

ただ、バイクよりは理解のハードルが低いので・・・

浪費家なりの貯金方法

まあ、ここまで紹介してきて、どこまで行っても趣味というのはお金が掛るものでもありますし、興味がない人にしてみればどんなことでも浪費と言われてしまいます。

でも収入と言うのは変わりませんから、どこかではバランスを取りながら貯金をしたいと思ってます。

コンビニコーヒーをやめてつもり貯金

自分が趣味に掛けたい優先順位をつけました。

毎日たった1杯のコーヒーであっても、月にすると数千円になるわけです。

年間にしますと同然数万円になりますから、私が年間に使うバイクのガソリン代なんて言うものは簡単に捻出出来てしまうようになりました。

メリハリをつける

バイクに乗る時期、乗らない時期を意識して、乗らない時には乗る時の分まで貯金に回す、他の趣味は我慢するという事を徹底しています。

結論

実際にお金があればいくらでも使えちゃうんですけど、使える額には程度と言うものがあります。

幸いなことに、上に列記した物よりも投資資金のほうへ回して行きたいという意向の方が今は強いので、大きく浪費はしていないというのが現状のとこですかね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする