楽天証券でiDeCoを始めるならおすすめの商品はこれ

iDeCo

楽天証券のidecoおすすめの商品は楽天バンガード

若い人には積極的にiDeCoを利用して欲しいと言いながら、私の年齢、我が家の家計事情からiDeCoは積極的に利用できる状況にないのですが、「開設するならおすすめはどこ?」と相談があったときには楽天証券を第一候補にしたいと思います

なので、私が楽天証券を推す理由のおすすめポイントを書いてみたいと思います。

iDeCoに楽天証券をおすすめする理由

運営管理手数料が無料

一つ目はこちらです。

iDeCoは投資資金の他に意外とコストがかかるんです。

国民年金基金連合会103円
信託銀行64円
運営管理会社

運営管理会社に掛かる費用は金融機関によって変わりますが、某地方銀行では約300円、某メガバンクですと取り扱い商品によって250円から380円ほど掛かります。

合計すると400円から500円くらいが継続して必要なコストになるわけですから、結構掛かりますよね。

月400円掛かるとすると年間で4800円。

月5000円の拠出しか出来ない場合ですと年間の拠出額が6万円ですから、初年度ではなんと8%が口座を維持するためのコストということになります。

いくら掛け金が全額控除になるとはいえ、掛け金の金額次第では条件次第では減税分がコストと変わる可能性も全く否定できないわけでもありません。

運用結果がどうあれ掛かるこのコストの問題は、iDeCoに踏み切れない一つの原因にもなってると思います。

それが楽天証券ですと、この※になるコストが0円と思い切った料金体系をとってるんです。

なので月々のコストは167円。

大きいですね、ここの差は。

また現在は課税されていませんが、特別法人税というものも本来課税の対象です。

特別法人税について記載しています。≫iDeCoの特別法人税って?

 

楽天証券のiDeCo商品のラインナップ

対象本数信託報酬(%)
国内株式6本0.1728~1.6740
国内債券2本0.6480~0.1620
国内リート2本0.2808~1.0260
海外株式5本0.1696~1.4580
海外債券4本0.216~1.5120
海外リート1本0.3024
国内外株式2本0.2396~1.5500
コモディティ1本0.8860
バランス2本0.648~1.2856
ターゲットイヤー3本0.917~0.927

(ターゲットイヤーについてはこちらです紹介しています≫GPIFのポートフォリオを積立NISAのバランスファンドからおすすめを選んでみる

合計28本の商品の中から選択していきます。

なんとこの28本の中にはあの楽天バンガードファンドの2本「楽天全米株式インデックスファンド」「楽天全世界株式インデックスファンド」もラインナップされています。

投信ブロガーが選ぶFund of the Year2017年にもトップ3にランクインするなど、名実ともにおすすめの商品です。≫つみたてNISAの参考に投信ブロガーが選ぶFund of the year 2017結果発表

正直、1.4%とかっていう信託報酬のものをわざわざ選ぶ必要はないと思ってます。

その理由は基本的に60歳まで換金できないiDeCoの場合、たかだか1.4%といっても年々積み重なって拠出した元金を削っていくことになります。

どのくらい削っていくのかということについては私なりにシミュレーションをしてみたので、いずれご紹介できればと思います。

おすすめの商品は楽天全世界株式インデックスファンド

楽天全世界株式インデックスについてはこちらを参照してください

この楽天バンガードファンドは他のファンドにしてみると脅威の存在なんではないでしょうかね。

他にも楽天全米株式インデックスなどもラインナップされていますけど、全世界株式インデックス自体に米国株式が52%も組み込まれていることから、長期で見たときにこのファンドをベースに上積みしていけばいいと思います。

楽天全世界インデックスファンドの構成比

引用:月次レポート

デメリット

一応デメリットも上げておきますと、「まだ設定されて間もないファンドなので、実質コストがわからない」「3重課税の問題やが実質コストを押し上げるのではないか」ということが危惧されています。

いずれにしても海外ETFをベースとした投資信託は、楽天証券の対抗馬でもあるSBI証券にEXE-iシリーズもありますし、双方ともが相手を意識をしてるはずですから、あまりにも不誠実なことはしないと思ってます。

楽天バンガードファンドvsEXE-iつみたてシリーズ

じつはEXE-iつみたてシリーズには楽天バンガードファンドよりさらに信託報酬が安いファンドがあります。

こちらはまだSBI証券のiDeCoにはラインナップされていませんが、つみたてNISAには登録されていますので参考にしてみてください。

まとめ

iDeCoを利用するなら、開設前には検討するだけの余地が十分ある楽天証券です。

また楽天証券自体もSBI証券と比べて、画面が見やすかったり使い勝手の良い口座ですから、iDeCo開設前にはぜひ一度ご検討いただきたい口座です。≫楽天証券

 

こちらのネット証券ではあのひふみプラスと同じマザーファンドをもつひふみ年金が利用できます。

あわせてご覧ください。

SBI証券のiDeCoではおすすめのひふみ年金が利用できる
つみたてNISAでも人気のひふみプラス。そんなひふみの一つ、ひふみ年金がSBI証券のiDeCoで利用できます。ひふみ年金と他のひふみとの信託報酬の比較をしています。iDeCoにはつみたてNISAとは違った税制優遇もありますし、ぜひ一度ご参照ください。
マネックス証券のiDeCoは商品のラインナップが素晴らしい
マネックスのiDeCo口座は取扱商品こそ少ないものの、しっかりした商品が選ばれておりおすすめ出来る金融機関です。証券口座自体もサイトが分かりやすく作りかえられています。
松井証券のiDeCoは取扱商品のラインナップが厳選され過ぎて凄い
ネット証券でiDeCo参入は後発組となりますが、そのラインナップには自信に満ち溢れた商品が並んでいます。長期に積み立てる商品としてはとても良い商品ばかりです。

iDeCoを取り扱うネット証券を比較してみました

iDeCOを取り扱うネット証券各社の比較
つみたてNISAと違い、金融機関によって取扱商品の違うiDeCo。ネット証券の取り扱い商品の比較をしてみました。

イオン銀行のiDeCoの記事です

証券口座以外でiDeCoに加入するならイオン銀行がおすすめ
iDeCoには運営管理機関手数料が月々掛りますが、イオン銀行を選ぶと月々の手数料が無料され、ネット証券などに抵抗のある方にはおすすめの金融機関です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
iDeCo
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
Jiroの端株投資奮闘記

コメント