投信ブロガーが選ぶFund of the year 2017に投票しました

この投票があったのは過去にも知っていたのですが、当時はあまり投資信託というものに魅力を感じてなかったので投票しませんでした。

が、先月から色々と投資信託を検討したり、実際久しぶりに積立設定を行った事で興味を持つことができ今回投票しました。

Fund Of The Year

今年が11回目の開催ということで、多分投資をしてる人でしたら一度や二度聞いた事はあると思うんですよね。

恥ずかしながら初めて公式のサイトを見てみました。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017


応募条件

2016年9月30日までにブログを開設している投信ブロガーであること。

そのブログが投信ブログであるかどうかは運営サイドが決めるみたいですね。

応募期間

2017年11月1日から11月30日まで

応募対象投信

2017年10月31日までに設定された投資信託およびETF

なので私が設定したあの投資信託も対象なのです。≫楽天全米株式インデックスファンドの毎日積立をSBI証券で設定完了

過去の受賞投信

2016年 1位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
2位 たわらノーロード先進国株式
3位 バンガード・トータル・ワールド・ストック(VT)
2015年 1位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
2位 三井住友DC全海外株式インデックスファンド
3位 バンガード・トータル・ワールド・ストック(VT)
2014年 1位 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
2位 バンガード・トータル・ワールド・ストック(VT)
3位 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

ニッセイ外国株式インデックスファンドが3年連続で受賞してますけど、昨年の投票者のコメントを見ても、やはり低コストへの徹底的な姿勢は高評価されてるみたいですね。

ニッセイ外国株インデックスファンド

先進国株式に投資を行う投資信託で、ベンチマークをMSCIコクサイインデックスを採用しています。

コクサイインデックスは先進国の株式で構成されるワールドインデックスなかの、日本を除いた国々の株式で構成される指標です。

今回のニッセイ外国株インデックスファンドがコクサイインデックスを採用しているという事は日本が入っていないという事がこの図からも分かるかと思います。

ちなみに以前ご紹介した野村つみたて外国株投信は、これにエマージングマーケットインデックス(新興国)を含めたものを指標としています。≫野村つみたて外国株投信と楽天・全世界インデックス・ファンドを調べてみました

信託報酬も0.2%(税別)と格安ですが、最近は信託報酬にもデフレの波が影響しており徐々に引き下げられる可能性が高いです。

投票

投票の内容自体はあえてご紹介は差し控えたいと思いますが、以前にもご紹介した楽天の2商品にはそれぞれ投票しました。≫楽天・全世界株式インデックス ・ファンドと全米株式インデックス ・ファンドの混同に注意!

また今回はiDeCoやNISAへのアンケートも同時に行われています。

些細な抵抗かもしれませんけど、なにかしら改善される事を期待してこちらのアンケートにも回答してみました≫制度の改善を願いiDeCo/NISAアンケートにも回答しました

まとめ

ニッセイ外国株式インデックスファンドは信託報酬や過去にも信託報酬を立て続けに下げて来た実績もありますから、今後にも期待したいところですし、純資産自体も大きく今回も上位には食い込んでくるのではないかと思ったりしてます。

楽天バンガード商品が立て続けに発売されましたし、今年の発表が楽しみです。


楽天全米株式インデックスファンドの毎日積立をSBI証券で設定完了
野村つみたて外国株投信と悩んでましたけど、楽天全米株式インデックスファンドの方が私にとって魅力だという結論になりSBI証券で積立てを開始しました。
楽天・全世界株式インデックス ・ファンドと全米株式インデックス ・ファンドの混同に注意!
両ファンドの違いを調べてみました。野村つみたて外国株投信と比べてもますます魅力的な商品と感じ始めてます。もっとも混同してたのは自分が勝手に思い込んでただけなんですけどね。
野村つみたて外国株投信と楽天・全世界インデックス・ファンドを調べてみました
設定間もない「野村つみたて外国株投信」について情報を頂きましたので素人なりに調べてみました。併せて気になってた「楽天・全世界インデックス・ファンド」についても調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク