その他の金融商品

米国株・ETF

米国の株式やETFに投資するときに注意しておきたいこと

米国株ETFは高利回りのものも多く人気ですが、海外ETFならではの怖さもありますので、改めて気をつけておかなければいけないことをまとめました。
その他の金融商品

米国株へ定額で端株投資ができるワンタップバイがPayPay証券に

米株に「1000円から」「定額で」投資ができるPayPay証券(旧ワンタップバイ)。ちょっと割高の手数料にはなるものの、デメリットというほどのコストでもないのでおすすめ。
2021.02.09
米国株・ETF

保有する米国ETFにSPYDも組み入れてみる

保有している米国ETF「HDV」「PFF」にさらに「SPYD」を加えてみます。それぞれのセクターが微妙にズレるのと、1口単価が安いというメリットを使っていきます。
スポンサーリンク
外貨預金/外貨MMF

失敗談|高利回りにつられて買った新興国外国債券はどうなった?

初めて現物投資をしたのがトルコリラ外債でした。9年という時を経て損切りをし、改めていろんなことを学んだ高い授業料となりました。
2020.10.11
配当金

2019年米国ETFの分配金を集計して利回りに感じたこと

2019年の日本株の集計をしていて、「あ、そういえば俺米国ETFも持ってたわ…」ってなことで集計を~続きを読む~
2020.04.20
その他の金融商品

楽天ポイントを使った株式投資は高配当ETFで決まり

楽天ポイントを使った株式投資が間もなく始まります。私が狙っているのはETF。中でも高配当ETFの1478なんかはポイントで買いやすい価格ですし、手数料も無料で売買できるのでねらい目ではないかと思います。
2019.10.27
外貨預金/外貨MMF

住信SBIネット銀行の外貨積立は購入上限レートを利用して、ドルコスト平均法をさらに活かす

外貨預金や外貨の調達には住信SBIネット銀行の積立が、為替コストも安く、積立設定も細かく注文できるのでおすすめです。また、購入上限レートを設定することで、より安く購入することも可能です。
2020.10.01
タイトルとURLをコピーしました