その他の金融商品

iDeCo

iDeCOを取り扱うネット証券各社の比較

つみたてNISAと違い、金融機関によって取扱商品の違うiDeCo。ネット証券の取り扱い商品の比較をしてみました。
2018.08.16
iDeCo

松井証券のiDeCoは取扱商品のラインナップが厳選され過ぎて凄い

ネット証券でiDeCo参入は後発組となりますが、そのラインナップには自信に満ち溢れた商品が並んでいます。長期に積み立てる商品としてはとても良い商品ばかりです。
2018.08.16
iDeCo

マネックス証券のiDeCoは商品のラインナップが素晴らしい

マネックスのiDeCo口座は取扱商品こそ少ないものの、しっかりした商品が選ばれておりおすすめ出来る金融機関です。証券口座自体もサイトが分かりやすく作りかえられています。
2018.09.09
米国株・ETF

高配当で人気の米国株ETF「PFF」はNISAとの組み合わせも悪くない?

高配当で人気の米国ETFのPFFですが、分配金の課税などを考えると躊躇してしまいますが、実はNISA口座であれば国内の課税は回避できますし、手数料も掛らず買い付けすることも可能です。
2018.08.29
積立NISA

どうして?なぜ?ドルコスト平均法がおすすめと言われる理由

ドルコスト平均法は投資を始めて間もない人や、まとまった投資資金がない人にとっては有効な投資手法になります。投資の仕方に悩む人は、ぜひドルコスト平均法での積立投資から始めてほしいと思います。
2018.08.23
積立NISA

つみたてNISAっていくらから?無理なく続けられる金額から続けましょう

つみたてNISAは、ネット証券の場合100円から始めることができますから、無理をする必要はありません。むしろ最初は損得はとても気になるでしょうから、無理のない範囲で始めましょう。
2018.05.27
スポンサーリンク