投資初心者には毎月分配型の投資信託をあえておすすめする

投資信託の毎月分配をおすすめ 投資信託

何かと評判の悪い毎月分配型の投資信託。

投資信託の積立てを行うという投資法は万人に有効な方法であると感じ、以前にも記事にしています。

投資信託の積立というドルコストを用いた万人向けの投資方法

ただ毎月分配に関してはコストが高いとか、分配金に都度課税されるから効率が悪い、特別分配はただの投資資金の取り崩しとかいろいろ言われているため、根本的に嫌ってる人もいるとは思います。

とりあえず「投資をはじめてみたものの、何を買ったらいいかわからない」と迷走するくらいであれば、なるべくコストの安めの毎月分配の投資信託を少量だけ買ってみるという方法はどうでしょうか。

スポンサーリンク

毎月分配型の投資信託をおすすめする理由

毎月分配型の最大のメリットは、分配金が毎月入金になることです。

なぜこれがおすすめなのかというと、自分が投資したものから収益が還元されるという事自体、投資を始めた当初は結構嬉しいのです。

このことが私にとって、より投資に興味を持たせてくれる効果となりましたし、モチベーションの向上につながりました。

もちろん、普通分配でしたら収益といってもいいですけど、特別分配でしたら自分のお金が返ってくるだけですけどね。

 

投資信託の分配金に2つの種類

知っておきたいことの一つに、投資信託から支払われる分配金には2つのタイプがあります。

それが普通分配というものと、特別分配というものです。

私が投資を始めた頃にはこんなことも知らずに、税金が引かれてる月と、引かれてない月があることに気付いて調べた覚えがあります。

普通分配

普通分配金とは、分配金が支払われた際、分配落ち後の基準価額が個別元本(※)と同額または上回る場合をいい、全額が所得税、住民税の対象となります。

引用元:三井住友銀行

言わば利益の分配部分になるので、その分配金には課税されます。

 

特別分配

元本払戻金(特別分配金)とは、分配金が支払われた際、分配落ち後の基準価額が個別元本(※)を下回る部分に相当する金額をいい(残余の部分は普通分配金)、非課税となります。

引用元:三井住友銀行

特別分配は成績が思わしくなく、分配金以上の利益が上げられなかった場合に支払われます。

基本的に自分の投資資金の取り崩しですので、こちらには課税されることはありません。

自分のお金が返ってくるだけですからね。

 

投資信託2つの買い付け方法

こちらも知っておきたいことの一つです。

投資信託には2つの買い付け方法があります。

それが口数買付と金額買付です。

口数買付

SBI証券のQ&Aではこのように書かれています。

分配金の受取方法については、「証券口座でのお受取」となります。
「口数買付」は、原則1万口単位での売買となりますので、取引単位未満の買付けをすることができません。そのため、ご注文時に分配金の「再投資」をご選択いただくことや、約定後に「再投資」へご変更いただくこともできません。

引用:SBI証券Q&A

基本的に1万口単位で購入するものです。

分配金は毎月支払いになります。

私も口数買付で何本か持ってた事ありますけど、あまり面白みを感じませんでした。

 

再投資可能な金額買付

こちらが私のおすすめする買い方です。

新規買付時に、分配金の受取方法(「証券口座でのお受取」、もしくは「再投資」)を選択することができます。なお、ご購入後に、受取方法を変更することができます。また、金額指定は、NISA口座開設後にNISAでの買付が可能です。

引用:SBI証券Q&A

こちらの買い方なら分配金での再投資をすることが出来ます。

 

メリットは?毎月分配型の投資信託のおすすめポイント

投資信託の毎月分配をおすすめ

冒頭に「自分が投資したものから収益が還元されるという事自体、投資を始めた当初は嬉しい」と書きました。

私自身、一番最初に買ったの投資信託は毎月分配の「ワールドリートオープン」でした。

分配金を再投資できる

複利運用ということを考えたときに、分配金を再投資できるというのは大きな魅力です。

わずかばかりですけど、徐々に口数が増えていきますので、再投資というのを実感することが出来るのです。

 

再投資したのが目に見えて分かる

徐々に口数が増えていくと、分配金に影響します。

当初100円だった分配金が101円、102円と本当に少しずつですが増え始めます。

また再投資が掛ることで分配金が増えるスパンが徐々に短くなりますので、再投資というものの効果を実感することが出来るようになります。

 

再投資から受け取りに変更できる

以前は再投資から受け取り、またはその逆といったことはできなかったんですけど、現在はそう言ったことが柔軟にできるようになりました。

もう毎月分配の投資信託は売却してしまいましたけど、そういった制度を使って一時期純金積み立てをしていました。

SBI銀行と楽天証券の純金積立をやめて、すべて売却しました

デメリットは?毎月分配の投資信託で不利な点

個人的には毎月分配というのは好きなんですけど、毎月分配型の投資信託は今の私にはデメリットも感じたので、今は毎月分配をすべて売却して、インデックスタイプを本当に少額ですけど積立てています。

≫ 毎月分配型の投信もやめてインデックスタイプへ変更

信託報酬の高さ

最近のインデックスタイプの投資信託の信託報酬は、安いものですと0.1%台というものも多く販売されています。

それに比べ毎月分配型の投資信託になると高いもので2%を超えるようなものも多々あります。

投資をするにあたって、長期のリターンを年利平均3~4%程度を目標としたときにはその半分が信託報酬で持っていかれることになり、トータルの運用成績が落ちることは必至です。

また、リターンが得られるような局面であればいいのですが、リーマンショックなどの世界的金融不安などが起きましたら、リターンはないのに信託報酬は引かれます。

まあ信託報酬が引かれること自体はインデックス投信でも同じことですが。

 

NISA口座でなければ分配金に課税される

さらに、普通分配には課税されますので、単純に100円の普通分配だった場合には20円以上課税されるわけですから、さらに運用成績が低下することが予測されます。

NISA口座であれば課税はされませんが、貴重なNISA枠を消費してしまいます。

 

資産形成期には最適とは言えない

毎月分配で5万円、10万円といったインカムゲインを受け取りながら、老後の生活の足しにしていくという明確な目的があるのであればよいと思います。

ですが、給料という名のインカムゲインを得られる若い世代で、こういった商品で資産を育てるということには決して向いているとは言えないです。

ただ、貯金や定期でお金を増やそうと考えるよりかは、はるかに有利だと思いますがリスクのある商品であるためいずれにせよ約束はできません。

 

まとめ

投資初心者にはインデックス投信をおすすめしているサイトやブログも多々あるかと思います。

毎月分配を長期にわたってドルコストで買い付けてきたことにより、「インデックスへの面白みを感じて毎月分配の投資信託をやめた」という経験から、インデックス投資というものはどうも初心者には分かりにくいと思うのです。

あくまで私がおすすめするのは資産形成の面でおすすめするのではなく、目に見えて口数が増えたり、分配金を貰って投資する楽しみや、より多くのリターンを得たいと思うきっかけに毎月分配はおすすめだと思うんです。

ただ、長期のトータルリターンではインデックスに勝ることはないと思うんで、いろんな経験を踏んで自分に合ったスタイルを見つけられるといいですね。

※投資は利益も自分のものなら損失も自分のものであることはお忘れなく。

▽毎月分配の投資信託の結果です

フィデリティUSリートを全解約しましたが意外と成績は優秀

▽つみたてNISAでも人気のインデックス投信を集めてみました

少額投資にはおすすめの投資信託

コメント

  1. […] ≫ 投資初心者には毎月分配型の投資信託をあえておすすめする […]