最近は節税のため税金のことを調べる日々


最近、税金のこと調べてました。

税金ってとっても複雑。というかわかりにくい。

身近な話題

税金で最近身近な話題と言えば、

  • ふるさと納税をすると2000円の負担で特産物がもらえるらしい。
  • iDeCoを利用すると掛け金が控除されるらしい。

多分、この辺は多くの人が認識してるところだと思います。

特にふるさと納税に関してはインターネットや雑誌でも特集はいっぱい組まれていますから、金融に興味の無い主婦層でも結構興味を持ってる人は多いと思いますね。

iDeCoに興味のある若者はぜひ前向きに検討して欲しいと思う

税金の仕組み

そもそも税金というシステム自体が分かりにくいと思いませんか?

国税、地方税、所得税に住民税、○○控除とか、普段聞かない単語ばかりでどうもとっつきにくいです。

高校くらいで税金の勉強を取り入れてみてもいいんじゃないでしょうか?

そもそも日本はお金の教育ということに関して閉鎖的過ぎると思います。

ふるさと納税

ふるさと納税も、年収、家族構成のモデルがほぼ一緒でも自己負担2000円の上限が変わるケースが多々ありますので注意が必要です。

最たる例が、住宅ローン控除とか障害者控除。

大抵モデルケースではそれらの控除まで検討されたものはありませんから、もしそういった控除を受けている人は上限がグッと下がりますから注意が必要です。

手元に源泉徴収などがありましたら、こちらのサイトでシミュレーションするのがおすすめです。≫「ふるさとチョイス」ふるさと納税シミュレーション(外部リンク)

他のサイトも見習えばいいのにと思います。

ちなみにふるさと納税は楽天市場がポイント還元の面で異常にお得です≫楽天のふるさと納税でお得にポイント大量ゲット

医療費控除

そういえば給与所得者のサラリーマンは会社で年末調整できるのに、医療費控除とかは確定申告が必要です。

2017年からは新しい税制である、セルフメディケーション税制というものがはじまっています。≫医療費控除とセルフメディケーション税制、どっちがお得?

正直医療費控除なんかはあまり大きな税金の還付にはつながりにくいですけど、年末に大きな病気、怪我などで、医療費が必要になる可能性も否定できませんから、最低1年間は医療費に関する領収書は取っておくといいですね。

税制は知っておいて損はない

税金って未納があればどこまでも追いかけてくるくせに、還付金なんかは申告しないと返ってこないから、ワザと複雑にしてるんじゃないか?って疑いたくなります。

そうじゃないとしても、知らないよりは知っておいて損はないはず。

そう思って調べてみたら・・・やっぱり複雑。

まとめ

複雑な税金制度ですけど、分かり始めると絡んだ糸が最後はスルスルっと解けるようにわかりだすのはどんな勉強でも一緒だとおもいました。

まだまだ途中の段階ですけど、ふるさと納税なんかに絡む、住民税・所得税について勉強中です。


楽天のふるさと納税でお得にポイント大量ゲット
年々ふるさと納税に関する情報も出てきてて、興味のある人が増えたと思いますけど、中でもお得なのが楽天ふるさと納税です。≫最近は節税のため税金の...
医療費控除とセルフメディケーション税制、どっちがお得?
今年も残り3カ月を切って来ました。 恐らく自宅には年末調整用の保険料控除の証明書や住宅ローンの残高証明みたいなものも届きだしたんじゃな...
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク