我が家の夫婦間のお金の価値観の違いは結構深刻

そもそも夫婦って他人

夫婦間って色々価値観の問題ってあるかと思います。

生活スタイル然り、食べ物の味付け然り。

もちろん育った環境や、育てられた親と言うものに、価値観は知らず知らずに押しつけられている・・・と言うよりは刷り込まれて染みついていると思うのでこれはやむを得ないことです。

これはお互いが話し合いをしながらどちらもすり寄っていくべきですし、すり寄るべきです。どちらかが我を通すともう片方は意固地になって一層平行線を辿る原因になります。

ただ、お金に関する価値観ってなかなか難しいものがありまして、前にも書いてますけどお金の事はタブー視する日本人。

芸能人が~、ドラマが~と言う情報は嫌でも耳に入るので、平均的な情報量は持ってる(認識している)とは思うんですが、お金に関しては、自分からお金に関心を持って置かないと、絶対にお金の情報は入ってこないです。

まして、老後の備えのこととか普通話しませんよね?

友達とご飯食べてて

「あのさ~、老後の蓄えってどうしてる?」

「うちは親の賃貸マンションの相続あるし・・・」

「うちは株投資してる」

奥様方の女子会となるとあるんでしょうか?

あんまり想像できませんけど。

本題に戻って、私たち夫婦の育った環境・・・

私は実家が小さいながらも会社を経営してたものですから、「収入の波」と言うものとか、「支出を管理すること」というのは結構シビアな事を教えられてきましたので、それが当たり前だと思ってましたけど。

一方妻の方はと言うと・・・妻の父親、私の義父となりますが国家公務員でして、ある程度決まった給料が収入として入ってくるという環境で育っているため、妻を含め義母もお金に関してはさほど関心を示している様子はありません。

また義両親は、退職金で自宅を建て替えたりしてますから、妻も私が退職したら家が建て替えられるほどの退職金が入ると思ってるとすると恐ろしいです。≫独自制度や中退共など、勤務先の退職金の制度を知っておこう

中小企業に勤める私にはそれだけの退職金が入るとは到底思えず、そのあたりの事は事あるごとにたしなめるんですが、どうもお金の話をすると「卑しいやつ」「がめつい奴」という思いがあるのか暖簾に腕押し、馬の耳に念仏状態です。

あくまで私の価値観としては

どんなに自分がお金に関して知識を蓄え、年利何%という配当を受け取ったとこで、所詮はわずかなお金。

投資金がどこかのボーダーを越えるまでは、

投資によるリターンより、節約による効果の方が高い

と思ってますので、自分自身の小遣いは100円でも無駄にしないようにと気にかけてるんですけど。

正直妻にはもう少し家計を責任感もって管理して欲しいと思ってます。≫投資に関する家族の理解がある人がうらやましい


独自制度や中退共など、勤務先の退職金の制度を知っておこう
資産運用するにあたっても、知っておいた方がいいと思う退職金。 大手企業であればある程度きっちりと、そういった内容が社内規定なん...
投資に関する家族の理解がある人がうらやましい
「私は投資をしています。」 ご家族にそう言える方って恵まれてるなって思うんですね。 多くのケ...
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク