マイホームと賃貸#家計ブロガー企画・・・お礼

各ブログを回らせていただきコメントを残させてもらおうかと思ったのですが、コメント蘭が見つからない方もあり、こういった記事を書くに至りました。

先日の「マイホームと賃貸」という、とても興味深い内容のテーマでして、自分の思いとか漠然と感じてた事を自分自身のなかで見直すことができ、楽しかったです。

マイホームと賃貸#家計ブロガー企画
持ち家だ賃貸だの議論は尽きない事は承知の上ですが、今のところこのブログで唯一勝手にブックマークさせていただいてる「おさいふプラス」のジンさん...

私自身が建設業という建てる側に身をおくものとして、いろんな方の意見を読ませていただきながら、なるほどなぁと感じています。

賃貸であろうが持ち家だろうが、本来は住む人の趣味だったり、仕事だったりとライフスタイルに付随する問題ですので、どちらが正解と言う事はないはずなのですが、時に意地の張り合いのように主張しあうネタになってしまうのは不思議な気がします。

ただ通常住宅ローンというのは長いスパンでお金を借りて手に入れるものだけに、年月が過ぎて「生涯賃貸のつもりだったけど、やっぱり家が欲しくなった」といった時には手に入れずらい物である事は違いないかと思います。

もっとも、現金で買えるくらい資産を育ててたら話は別ですけど。

先日の記事には書きそびれましたけど、住宅ローンを組む際には団体信用生命保険という保険に多くのケースで加入します。

多くの方はご存知かと思いますが、ローン債務者が亡くなった時に住宅ローンが無くなるというものでして、自分に万一の事があった時、妻や主に子供が住む事に困らないよう、私単独名義で住宅ローンを契約しています。

私が死ねば妻は家のローンはなくなり、遺族年金を手にし、収入保険として掛けてある保険であと20年ほどは金が手に入る見込みですので、「俺が死んでも数年は悲しそうにしておけ」と言ってあります。

冗談はさておき、そうする事で私に万一の事があっても、3人の子供たちが風雨にさらされる事なく育ってくれるものと信じています。

また、こういった企画があり、思う事がありましたら参加させていただこうと思いますので、よろしければお声掛け下されば幸いです。

参加ブロガーさん達です(企画者ジンさんのブログより)

○ジンさん「30代、住宅費だけで考えないマイホームと賃貸#家計ブロガー企画」

○ボバさん「2017年8月 『家計ブロガー企画』30代のブロガーが考えるマイホームと賃貸について

○せっかちパパさん「30代の住宅事情を徹底レポート

○hanaさん「30代の持ち家(住宅ローン)vs賃貸!

○あきんこさん「アラサーDINKS女性が「マイホーム」と「賃貸」について考える

○波乗り翼さん「マイホームか賃貸? そりゃマイホームだ!

○ナナミライさん「「マイホーム」と「賃貸」について不動産嫌いのわたしが出した答え

○ぴくすさん「マイホームか賃貸か。

○kinkoさん「永遠のテーマ、「持ち家」と「賃貸」はどっちが得か?

スポンサーリンク
スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク