投資はお金自体が活躍できるステージ

お金にまつわる話

以前にも投資について「≫ 家族の理解がある人がうらやましい」と書いてますけど、一般的に人は自分の家族の中だけではなく、もっと大きい社会の組織の中で生きてますよね。

子供なら学校という組織。それは大人になればなるほど、その組織は大きくなり、また多くの組織での自分がいるようになります。例えば会社、例えば趣味仲間、もちろん家族や近所、各学生時代の友人とか。

その中で自分がお金を投資と言うものに興味があることをアピール出来る組織ってどれくらいあるでしょう?

スポンサーリンク

自分の労働時間だけでは賄えない

人手不足といいながら給料が上がらない

きっと多くの企業や業種で人手不足というものは深刻な問題になってると思います。

一般的に需給のバランスから言えば、人手不足となればより高い給料を準備して人に来てもらうという現象が起きるのが普通なのに、そういった話はあまり耳にしません。

自分が求職中の立場であれば、より給与面で優遇されるところで働きたいと思うのは当然ですよね。

労働は自分の時間を会社に売る

少々話が飛躍するかもしれませんが、労働という行為自体、自分が会社で働いた時間を会社に買い上げてもらうということになります。

ところが上で書きました通り、人手不足であっても給与面では大きく改善する様子もなく、そうかと言って消費税や社会保険といった搾取されるところは年々増加しています。

そうなるともはや自分の時間を切り売りするだけでは豊かな暮らしを手に入れることは難しくなっています。

投資をする必要のない社会システム

そもそも、日本には国民皆保険だとか、年金システムなどの素晴らしいシステムがありまして、特に「投資までしてお金を蓄えなくてもその気になれば死ぬまで生活は出来る」そういう国でした。

年金システムの破たん

日本の年金システム自体破たんは目に見えているのに、無理やり受給年齢を引き上げたり、受給額を引き下げたりして、年金そのものの存在は維持されていますが、完全に国がその問題から目を背けてますよね。

ただ、そのわずかの年金を頼りにして生活しなくてはならなくなった時、高齢者の生活自体がままならないものであれば、それはやはり国民年金の本来のあり方からはかけ離れたものですので、事実上の破たんだと思うんです。

実際、確定拠出年金の対象者を広げ、税収が減ることを承知で非課税、控除などの税制優遇までしてiDeCoで年金の準備をしませんか?とTVCMまでし始めた時点で、年金だけじゃ心配でしょ?、つまりは近い将来の国民年金の事実上の破綻の予告なのです。

投資を行いながらじぶん年金を作る

投資でじぶん年金をつくる

もちろん、私も会社員ですから厚生年金を払ってますし、年金システム自体が破たんすることを歓迎してたりするわけではありません。

でもね、決して投資がすべてと言うつもりはありませんが、少なくとも今後の日本には貯蓄以外に「投資というお金の活躍するステージ」も必要な時代にはなってるんじゃないでしょうか。≫ サラリーマンこそ投資をはじめる事をおすすめする

にも関わらず、どうしてもお金の事って人前で話すことをタブー視するこの日本では、「投資をしていると何か裏があるやつだ」みたいな偏見の目にさらされることもあります。

なので、実際にそういう話ってなかなか人前で話せないんですよね。

実際にカミングアウトしてみると、「あ、俺も・・・」っていうやつが現れるものですけど、今んとこ自分の周りには自分の親兄弟とあと一人ぐらいかな。≫ 母親の投資歴に驚愕

iDeCoを足掛かりとして、日本人の投資と言うものへの理解が進むといいのですが、NISAの時も同じことを思ってたな。

とりあえずは自分に無理なく出来るつもり貯金から続けていきたいと思います。

▽本文にて紹介の記事

投資に家族の理解がある人がうらやましい
日本ではお金に関することがタブー視されるので「投資をしています」って言える環境って珍しいと思います。それでも私は投資というものを通して将来のお金の不安と向き合っていきたいと思います。
投資用資金捻出のため、先月からつもり貯金を再開しました
なるべく無駄な出費を抑えて投資用に資金が捻出できるようにしたいと思います。ですが、そればかりが先行しすぎて、「あいつはケチだ」といわれないよう心がけていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お金にまつわる話
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
Jiroの端株投資奮闘記

コメント